未来授業 - 直木賞作家・馳星周 第4回 未来授業 Vol.1901

今週の講師は、小説家の馳星周さん。 小説「少年と犬」で、第163回直木賞を受賞しました。 「少年と犬」は、東日本大震災で飼い主とはぐれた、一頭の犬が結ぶ物語。 犬と出会う登場人物6人は、それぞれ問題を抱え、厳しい現実に直面しています。 そこには、小説家・馳星周の「現代社会を見つめる冷徹な眼差し」があります。 未来授業4時間目、 テーマは『イマジネーションの力を育てる』 ◆馳星周(はせ・せいしゅう) 1965年、北海道生まれ。 横浜市立大学卒業。出版社勤務、書評家などを経て、96年『不夜城』で小説家デビュー。 同作で吉川英治文学新人賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。 98年『鎮魂歌 不夜城2』で日本推理作家協会賞、 99年『漂流街』で大藪春彦賞受賞する日本を代表する作家。 2020年「少年と犬」で直木賞を初受賞。 人生の無常と犬の神秘性を描く感動作。

  • Play Speed:
Content Keywords: 馳星周 犬 イマジネーション 日本 人 小説家馳星周 人間
00:00:00
小説家の馳星周です今週は僕の小説家動物との向き合い方を話したいと思います未来授業今週の講師は小説家の馳星周さん小説少年と犬で第163回直木賞受賞しました少年と犬は東日本大震災で飼い主とはぐれた一頭の犬が結ぶ物語犬と出会う登場人物6人はそれぞれ問題を抱え厳しい現実に勅命していますそこには小説家馳星周さんの現代社会を見つめる冷徹な眼差しがあります

00:00:57
未来授業の時間目テーマはイマジネーションの力を育てる今の日本で暮らして仕事をしている小説家なので絶対にその今の日本っていうのあり方ってものを盗んだと感じてるかっていうのは必ず書くものに反映されるんですねそれは僕だけだって全ての小説家がそうだと思うんですけどね僕自身はもうこの十数年日本中のソニー不寛容な息苦しい社会になったなと感じていてその中でそのなんとか弱者を叩く社会になってるずっとを感じてるんですねだとしたら僕はその弱い立場の人間に寄り添った

00:01:56
視線であったり寄り添ったものの考え方をしたいと思っているのでどうしてもそのフィーチャーする小説の中のキャラクターってのは弱者が多くなります弱い子達が弱いけれども必死で生きてる価値あるいは自分の弱さに気付いてない人だしとかそういう人ほどにどうしても視線が向いてしまうのでそういう人たちを買うことになってしまうんですねそこにサーモンという一匹の犬が現れて彼らの傷ついた心を癒していくっていう物語僕は今日本だけじゃないけど今の人類で白いなと思ったそのイマジネーションの欠如動詞イマジネーションでは他人を思いやる心がないよもうイマジネーションがないからなんですごく力がないからだと思うんですね本当にスマホが登場してから昔本を読んで

00:02:56
今なくなった昔漫画を読んでた人も読まなくなったでもスマホで SNS で短い文のやり取りが主になって言葉の文章の裏言葉の裏を読み取る力もどんどん失われていってると思うんだけど本当に好きにさせても小説読んでればその力は取り返せると思うしそういう力がないと弱い人に心を寄せることもできないと思うねだから本当に読んでほしいし食べば一冊今子も高くなって2500円とか2000円ぐらいしたのかなそれでもうんこでもいいから選んだ方が人生は豊かになるんじゃないかなと思いますだから白い事件誰にでも私には関係ないじゃなくてなぜこんな事が起こっちゃうの勝手な想像する力があればもう少し深く社会のことを考えることもできるだろうし

00:03:56
最後に馳星周さんから若い世代へのメッセージです。

00:04:05
僕は子供の時から本を読むことが大好きで好きで好きで好きでずっとそれをと付き合っていたら小説家に気が付いたらなってました僕は大学卒業して小さな出版社に入ってそれを辞めてからフリーライターって何なんじゃもうそういう業界で生きてくんだろうしそういう業界でしか生きていけないよな俺のような人間はとは思ってたのでその時点でまだ小説家になろうなんて思ってないんですけどねこれから結局好きなことって巡り会えて好きなことばっかりやってたら好きなことと関わる仕事についたらいつのまにか寝ながら

00:04:50
そこで生きるしかなかったですねあの決心するとかな着くとかじゃなくてでたまたま本当に小説を書くことになって小説を書いたらデビュー作がめっちゃ出ちゃってとかすごく大変幸運な小説家人生を今送らせていただいてんだけど結局その大好きな本小説というものに子供の時に巡り会えたからだと俺が才能あるからとかそういうことじゃなくてそういう偶然が今の僕まで導いてくれたと思ってるので何かのために何をするんじゃなくって大好きなことが見つかってそれを追いかけていればあればお金が儲かるとかそういうことにはつながらないかもしれないけれども人生は豊かになると思います本当に好きなことをと巡り合えるかどうかってな大きなことだなあとは

00:05:50
大好きなものがある人とない人じゃそっちが幸せなのかと思ったら大好きなこと大好きなものがある人間だと思うんですね今の日本で大丈夫だよこれから頑張ったけど何とかなるよとかそういうおためごかしは言いたくないので言えることは本当ひとつ大好きなこと大好きなものと巡り会えたら幸せになれるよ嘘だけどね未来授業今週の講師は小説家馳星周した今日のテーマはイマジネーションの力を育てるでした来週はシェアリングエコノミー活動家石山アンジュさんの授業をお届けします
Translate the current page