未来授業 - 直木賞作家・馳星周 第2回 未来授業 Vol.1899

今週の講師は、小説家の馳星周さん。 小説「少年と犬」で、第163回直木賞を受賞しました。 馳さんは小説「不夜城」でデビューし、 犯罪や裏社会をモチーフに、長年執筆活動を続けてきました。 一方、プライベートでは四半世紀に渡って、愛犬とともに生活。 犬と人間のかかわりを描いた小説やエッセイも、数多く発表してきました。 未来授業2時間目、テーマは『犬と生きるということ』 ◆馳星周(はせ・せいしゅう) 1965年、北海道生まれ。 横浜市立大学卒業。出版社勤務、書評家などを経て、96年『不夜城』で小説家デビュー。 同作で吉川英治文学新人賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。 98年『鎮魂歌 不夜城2』で日本推理作家協会賞、 99年『漂流街』で大藪春彦賞受賞する日本を代表する作家。 2020年「少年と犬」で直木賞を初受賞。 人生の無常と犬の神秘性を描く感動作。

  • Play Speed:
Content Keywords: 人間 馳星周 犬 愛 動物人間
00:00:00
小説家の馳星周です今週は僕の小説家動物との向き合い方を話したいと思います未来授業今週の講師は小説家の馳星周さん小説少年と犬で第163回直木賞受賞しました長谷さんは小説不夜城でデビューし犯罪や裏社会をモチーフに長年執筆活動を続けてきました一方プライベートでは四半世紀にわたって愛犬とともに生活犬と人間の関わりを描いた小説やエッセイも数多く発表してきました未来授業2時間目テーマは犬と生きるということ

00:01:00
魂的にはね犬とか動物人間より数段生き物だと思ってるので彼らは彼らの愛には打算がないんですよね人間だともう最初からもう例えば女性と付き合う時だって顔が好みだからプロポーションがいいからとか男の場合はね色んな事から帰るんだけどいるってまあまあ人間が買って連れて帰ってこいたその瞬間から犬にとって僕たちは家族なのだ家族だから愛するしかも無償の愛です何々をしてくれとか言わないですからねその愛に痺れているのですごくあったような魂が厳し犯されてるんだろうなこいつらのおかげでっていう漢字

00:02:00
一番最初に買った犬と10年近く東京で暮らしててむしろ犬の文句言わないし僕自身もそれでいいと思ったんだけどあるきっかけで軽井沢に移住しようと決めて空も完全に自分のことは二の次で犬のために軽井沢に移住しています北海道の完全に犬のためなんだけれどもありあのから10年ちょっとぐらいしか行けないので一緒にいられる時間が短いからもちろんその一つの経済状況とかがあるから一概には言えないけどとにかくま人間ってより犬が不幸なのが嫌なのでこの新型コロナで自粛してる時にもつまんないからいいの買った方が猫を買った方がつまんないからっていう理由で買うなよ

00:02:56
そういう人に限って飽きたら捨てるんですよじゃあそういう人たちを減らしたいし例えば犬と暮らしたいんだけどすごく出し方が分からないって今年付け方がわからないっていっぱちも助けになればいいなとも思うしだからといってね付け方教室みたいにあるわけじゃないんで僕は小説家なので小説の中でそういうことを書いてきてたらなと思ってます犬との暮らしから多くを教えられたという派手さ現在は2頭のバーニーズマウンテンドッグと暮らしています球場でね人間だけで生きてきても買って来ないで環境的にもあとそのエネルギーを補給しなきゃいけないっていう植物や動物がいい

00:03:56
動物もやっぱり幸せに生きる生きていける環境を保たないと人類はいつか滅びますよね人間の喜びよりも動物の喜びの方が好ましいと思いますが人間の数を辞めるって事が動物にとっては良い方法だと思うのでそこやっぱりそのどっちがいいとかじゃなくてさバランスを取るようなこと考えないと人間はすごく傲慢になってるだろうなと思うんだけど今の世界は本当に過剰だと思います食べるのも過剰消費するのも風を通しないとその資本主義ってのが経済が成長していかないからだったの分かるんだけどその感情を止めないといつか天井が来るそれみんな分かってるんだけど止められないってのは今の人類だと思うけど止めないといつからカタストロフィーが来るよっていうことはみんな分かってると思うんでそれをどこで止めるのかという考えろよって

00:04:56
ユニはする気はする経済回してきたからこういう結果になってるとこか思ってるね要するに今東南アジアから中国のどっかで見てたウイルスを携帯でどんどん周り開発したりなんかしてったことによって人間社会に書類ですがデジタルだと思ってるんですよ3月4月の全世界的に経済が止まった時にこれまでは僕たち人類が破壊してきた環境がどれだけ回復したからでもデータで示されてるわけだからもうそろそろこのお金中心に回る社会っていうのを考え直した方がいいぞと地球にはする気がするねあと僕たち夫婦はコロナの前からほぼ自粛生活のようなものを送ってるので全然苦じゃないので僕たちはねなんでそんなに出かけたいのかがよく分からないっていうなので

00:05:56
これはつらい人がいるのは分かるけどしばらくは付き合っていかなきゃいけないことなのでありその旅行たまの休みには旅行に行きたいっていう考え方を変えるしかないと思うのでそこはやっぱりそれぞれ考えなきゃいけないとこだろうなと思いますこれは忘れちゃいけないのは人類だけじゃ生きていけないんだよって本当に忘れちゃいけないと思う未来授業今週の講師は小説家馳星周さん今日のテーマは犬と生きるということでした未来授業明日も馳星周さんの授業お届けします
Translate the current page