未来授業 - 石山アンジュ 未来授業 第4回 未来授業 Vol.1905

今週の講師は、社会活動家、石山アンジュさん。 カーシェア、ルームシェアや仕事のシェア。さらに、子育てや介護のシェアまで、 いま世界中で「シェアリング」が大きなムーブメントになっています。 また、シェアの発想は経済だけでなく、社会の在り方や働き方にも大きな影響を及ぼしています。 そんな「シェアリングエコノミー」の旗振り役を担っているのが石山さんです。 大学卒業後、リクルートに入社。ビジネス経験を重ねその後退社して、社会活動家になりました。 国の規制緩和や政策推進のアドバイザー的な役割も担っています。 企業を飛び出して、社会活動家に。その選択に迷いはなかったのでしょうか? 未来授業4時間目、 今日のテーマは『わたしからわたしたちへ』 ◆石山アンジュ 一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長。 1989年生まれ。 都内シェアハウス在住、実家もシェアハウスを経営。 「シェア(共有)」の概念に親しみながら育つ。2012年国際基督教大学(ICU)卒。 新卒で(株)リクルート入社、その後(株)クラウドワークス経営企画室を経て現職。 「シェアガール」の肩書でシェアリングエコノミー

  • Play Speed:
Content Keywords: 社会 社会活動家 シェア 石山
00:00:00
未来授業未来を担う世代へ向けたラジオの中の公開講義講習の講師は社会活動家の石山アンジュです今週はシェアリングエコノミーの未来拡張する家族というテーマでお話をさせて頂きます未来授業今週の講師は社会活動家石山アンジュさんですかシェアルームシェア仕事のシェアさらに子育てや介護の試合まで今世界中でシェアリングが大きなムーブメントになっていますまたシェアの発送は経済だけでなく社会のあり方や働き方にも大きな影響を及ぼしていますどんなシェアリングエコノミーの旗振り役を担っているの

00:00:59
石山さんです大学卒業後リクルートに入社ビジネス経験を重ねその後退社して社会活動家になりました国の規制緩和や政策推進のアドバイザー的な役割も担っています企業を飛び出して社会活動家にその選択に迷いはなかったのでしょうか未来授業4時間目テーマは私から私たちも新卒で吹田リクルートという大企業に入ってもそこから飛び出したのもありこういった社会への自分が感じる違和感っていうものをまあどうしたら解決できるんだろうということ思ったことがきっかけ

00:01:59
ねえ迷える小企業の安定したサラリーマン的なあの働き方っていうのもあの売ってましたただ実際に新しい世界に飛び込んでみて感じるのはそういったこういった社会が必要なんじゃないかっていうことのこうビジョン体力保つことができればしてそのビジョンというものが他の人も必要としているものかどうかっていうことがとても重要だと思うんですけれども皆が解決したいと思っていることを自分のやりたいことに変えることができればそこに対して応援してくれる応援者も集まりますしま今は例えばクラウドファンディングのようなその同じ世界観に共感した人はご出産お金を呈してくれるような時代でもありますしねまた大鹿もすぐ集まる時代だと思うのであんまり心配はいらないんじゃないかなという風に

00:02:59
ただやはりその目標が自己成長とか自分のための利益だけのものであるとあまり厳しい時代だと思っていて今どうやったらゴジータ的な発想でみんなのために何ができるかっていうことを考えながらキャリアを考えていくというのがまこの多様な働き方が選択できる時代の中でも必要な価値観なんじゃないかなと思っていますまた競馬あの私がシェアリングエコノミーだという風に思ったきっかけもまさにリクルートで働いている時に感じたところなんですけれども今は資本主義の中でほとんどの労働システムというのがあってま資本家と労働者っていう関係性の中で個人の自由な意思というよりも組織ので利潤を追求する上での組織の論理というものが基本的には優先される構造になっている例えば献金とか自分の

00:03:59
どっから月のまで北海道で家族と住んでたのに沖縄に端子しなきゃいけないとか今新卒採用においても去年までは100人採用してた会社が今年はじゃあそうなので一人にします不可抗力的に座席の数が決まってしまったりとかそういったことにあの凄く違和感を感じていて組織にぶら下がらない構図であっても個人が自分の自由な意思で仕事を選ぶことができたり仕事を作ることができたり寝ない子は個人間でそういった衣食住様々なものを助け合ったりお金が回る仕組みって何だろうと思った時に車輪が好みというのがひとつとも大きな解決策になるんじゃないかな思ったのがきっかけです自分が感じる社会の閉塞感を解消するために新しいライフスタイルや価値観を提案する石山

00:04:59
自分の思いとたくさんの人の利益が重なった時それが社会を変える力になると石山さんは言いますそのためのキーワードが私から私たちへ考え方の捉え方というのも次の時代アップデートする必要があると思っていましては私から私たちこれまではバスも利己的な動機では競争したりとかいろんなソーシャルステータスを上っていったりって言うのが毎週キャリアの眉高さであったと思うんですねま年収を上げるとかポジションをあげるとかそうじゃなくて私に完結した成長モデルではなくて私たちという視点に立った時に社会でどうやった協調ができるかどうかがどうやって

00:05:59
みんなで手をつないで一緒に前に進むことができるかどうかとかそういったあの価値観でキャリアを作っていくとか詰めていくことの方がより仕事中で息が嫌で高さを感じれるような時代になっていくと思いますし遅いった価値観を持って行く人があのより生きやすい社会になっていくんじゃないかなと思います未来授業今週の講師は社会活動家石山アンジュさん今日のテーマは私から私たちへでした石山アンジュさんの著書シェアライフ新しい社会の新しい生き方はクロスメディアパブリッシングから発売中です未来授業来週は大島てるさんの授業お届けします
Translate the current page