ANNnewsCH - 台風10号 鹿児島県にあす特別警報の可能性 気象庁(2020年9月5日)

気象庁は5日午後に緊急で会見し、鹿児島県に台風10号を要因とする特別警報を出す可能性があると発表しました。台風10号がこのまま進めば、6日午前に特別警報が出されます。  気象庁によりますと、現在、南大東島近くにある台風10号がこのまま現在の予報円の範囲を進めば、約24時間後の6日午後9時ごろには中心気圧930ヘクトパスカル、最大風速45メートルの勢力で鹿児島県に接近、または上陸する見込みです。これを受けて気象庁は緊急で会見し、奄美地方を除く鹿児島県に特別警報を出す可能性があると発表しました。台風10号がこのまま進めば、約12時間後の6日午前にも暴風、高波、高潮の特別警報が発表されます。気象庁が特別警報の発表を予告するのは初めてのことです。また、台風10号は今後、勢力を保ったまま九州西岸を北上する可能性があり、鹿児島県のほか、長崎県などでも特別警報の恐れがあるということです。気象庁は数十年に一度の記録的な暴風、高波、高潮の恐れがあるとして、最大級の警戒を呼び掛けています。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

  • Play Speed:
Youtube Link
Translate the current page