ANNnewsCH - 台風10号 6日昼ごろ、奄美地方に接近(2020年9月5日)

台風10号は、沖縄県の南大東島付近の海上を北上しています。  大型で非常に強い勢力の台風10号は5日午後11時現在、沖縄県の南大東島付近の海上を時速15キロで北上中で、大東島地方に最も近付いています。中心気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートルです。この後、台風は勢力が衰えることなく6日の昼ごろに鹿児島県奄美地方に接近、通過する予想です。その後は特別警報級の勢力で速度を上げて北上し、7日の午前には九州に接近し、最悪の場合、上陸する恐れがあります。その後、朝鮮半島を北上して中国大陸で温帯低気圧に変わる見込みです。  九州では6日午後から次第に台風の暴風域に入り、7日の午前にかけて猛烈な風や雨が続く恐れがあります。6日の午前中に奄美地方を除く鹿児島県に暴風、高波、高潮の特別警報が発表される予定です。明るいうちに身の安全を確保して下さい。停電や断水などライフラインへの影響も考えられ、甚大な被害が出る恐れがあります。最新の台風情報をこまめに確認し、命を守る対策と行動をお願いします。台風から離れた西日本や東日本でも台風の周辺を回る暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安

  • Play Speed:
Youtube Link
Translate the current page