ANNnewsCH - 出産&子育てに“ハードル?”不妊治療に保険適用も(2020年9月9日)

自民党総裁選で菅官房長官が不妊治療への保険適用の実現を掲げたことで、にわかに争点の一つとなっています。不妊治療を巡って今、どんな問題があるのか。そして、経済的支援は少子化問題の根本的な解決につながるのか考えます。  自民党・岸田政調会長:「出産費用、実質にゼロにするような後押し。こういったことも大事。結婚についても自治体とNPOが協力して様々な後押しを行う」  9日に行われた公開討論会。多くの時間が割かれたのが、女性の活躍。そして、子育てと少子化対策でした。  自民党・石破元幹事長:「大変な痛みと大変な経済的負担に耐えながら不妊治療している人たちは日本に46万人。皆、子どもを作りたくないわけじゃない。だけどどうしてこのような社会になった」  菅官房長官:「子どもを産むことのできるハードルを下げるべきだと思っています。出産を希望する世帯を広く支援するために不妊治療の保険適用。ここを実現したいと思います」  菅官房長官が打ち出したのが不妊治療への保険適用。生みたくても、なかなか妊娠できない人たちへの支援です。現在の不妊治療は検査や排卵誘発などには保険が適用されますが、体外受精、顕微授精な

  • Play Speed:
Content Keywords: 不妊治療 保険 実現 官房長官 自民党 ふう
Youtube Link
00:00:00
自民党総裁選ですが菅官房長官が不妊治療への保険適用の実現を掲げたことでにわかに 争点の一つとなっています
不妊治療をめぐって今どんな問題があるのでしょうかそして経済的な支援は少子化問題 の根本的な解決につながるのか考えます 出産費を実質にゼロにするような後押し
効率なことも大事だというふうに思いますし結婚についても自治体と npo が協力 してさまざまなこの後牛を行う 今日行われた公開討論会
多くの時間が割かれたのが女性の活躍そして子育て等 少子化対策でした 大変な痛みと大変な経済的な負担に耐えながら 無人治療している人たちは日本に46万人
みんな子供作りたくないわけじゃない だけどどうしてこのような社会になった 子供を産むことのできるハードルを
下げるべきだというふうに思っています出産を希望する生態を広く支援をするために 不妊治療の保険適用ここを実現をしたいと思います
菅官房長官が打ち出したのが不妊治療への保険適用 産みたくてもなかなか妊娠できない人たちへの支援です 現在の不妊治療は検査や排卵誘発などには保険が適用されますが
体外受精顕微授精など治療には保険は適用されていません そのため子供を授かるために100万円以上の費用がかかりその負担が理由で不妊治療 を諦める人も
去年の出生数は過去最少の86万人 政府は今年少子化対策の対向2不妊治療への経済的負担軽減を盛り込み 自民党も6月に不妊治療の支援拡充を目指す議連を立ち上げ
保険適用の実現を訴えていました 妻は日本のこの不妊治療医学方や進んでいて たくさんの子どもたちが世の中に出るの
活躍できる時代になりましたのでそういう試合をするべきたということで 官房長官にお願いさせていただきます これまで国が不妊症を疾病と認めていなかった食べ
保険適用外でしたが保険適用が実現すれば少子化解消への足掛かりとなるのでしょうか この動きは素晴らしいことだけど体のリスクを考えて年齢セギョンはきちんと考えて
ほしい 治療に200万円かかったけど当事者が本当に困っているのは社会の無理解
Translate the current page