ANNnewsCH - 「TikTok」米国事業 マイクロソフトに売却せず(2020年9月14日)

マイクロソフトは動画投稿アプリ「TikTok」のアメリカ事業の買収提案について、TikTokの運営会社が受け入れなかったと発表しました。  TikTokを巡っては、アメリカのトランプ大統領が運営する中国企業「バイトダンス」にアメリカでの事業を15日までに手放すよう命じています。マイクロソフトは小売り最大手「ウォルマート」と組んでTikTokのアメリカ事業買収を目指していましたが、13日にバイトダンスから売却しないとの通告を受けたことを明らかにしました。一方、ウォール・ストリート・ジャーナルは関係者の話として、アメリカのソフトウェア大手「オラクル」が売却先に選ばれたと報じました。ただ、すべてが売却される形ではなさそうだとも伝えていて、バイトダンスがTikTokの中核技術を手放さない可能性があるとみられています。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

  • Play Speed:
Content Keywords: アメリカ microsoft アプリティックトック トランプ バイトダンス 事業 ダンス 買収提案
Youtube Link
00:00:00
microsoft は動画投稿アプリティックトックアメリカ事業の買収提案に ついて ティックトックの運営会社が受け入れなかったと発表しました
ティックトックを巡ってはアメリカのトランプ大統領が運営する中国企業杯とダンスに アメリカでの事業を15日までに手放すイオ面しています
microsoft は氷最大手のウォルマートと組んで ティックトップのアメリカ事業買収を目指していましたが
13日バイトダンスから売却しないとの通告を受けたことを明らかにしました 一方ウォールストリートジャーナルは関係者の話としてアメリカのソフトウェア大手
オラクルが売却先に選ばれたと講師ました ただ全てが売却される形ではなさそうだとも伝えていてバイトダンスが
ティックトックの中核技術を手放さない可能性があるといられています
Translate the current page