未来授業 - 佐々木敦 第2回 未来授業 Vol.1911

今週の講師は、佐々木敦さんです。 音楽から映画、演劇、文芸まで、ジャンルを超えた批評活動を展開。 早稲田大学と立教大学では、非常勤講師を務める一方、文学ムック「ことばと」の編集長も務めています。 佐々木さんが今回、30年に及ぶ批評活動の集大成としてまとめたのが、著書「批評王」。 およそ80篇の文章が収められています。 未来授業2時間目、 テーマは『芸術の役割、批評家の仕事』 ◆佐々木敦 かつて批評王と名のった男、元批評家。 1964年、愛知県名古屋市生まれ。 ミニシアター勤務を経て、映画・音楽関連媒体への寄稿を開始。 1995年、「HEADZ」を立ち上げ、CDリリース、音楽家招聘、コンサート、イベントなどの企画制作、雑誌刊行を手掛ける一方、映画、音楽、文芸、演劇、アート他、諸ジャンルを貫通する批評活動を行う。 2001年以降、慶應義塾大学、武蔵野美術大学、東京藝術大学などの非常勤講師を務め、早稲田大学文学学術院客員教授やゲンロン「批評再生塾」主任講師などを歴任。 2020年、小説『半睡』を発表。 同年、文学ムック『ことばと』編集長に就任。

  • Play Speed:
Content Keywords: 批評 何か 何か カノ佐々木敦 風
00:00:00
かつて批評をと名乗った男元カノ佐々木敦です。今週は批評と表現の未来についてお話しします。今週の講師は佐々木敦さんです。音楽から映画、演劇、文芸までジャンルを超えた批評活動を展開。早稲田大学と立教大学では非常勤講師を務める一方、文学ムック言葉との編集長も務めています。佐々木さんが今回30年に及ぶ批評活動の集大成としてまとめたのが、女子伊調およそ80ペンの文章が収められています。未来授業2時間目テーマは芸術の役割批評家の仕事。

00:01:00
入っている文章が先生それって何の役に立つんですかっていうちょっと変なタイトルの文章なんですねこれあの学校であの先生それと何の役に立つんですかっていう風に言われちゃうと僕が教えてるようなそういう子カルチャーよりのものはそれって何かの役に立つんですかってそれはまさに社会に出て役に立つんですかとか自分が社会人として生きていく上で何か役に立つんですかっていうような遠いやるわけですよねこれって僕に限らずこういう問いを投げかけられてしまうケースって結構あると思うんだよねこれはでもその僕の考え方ですけどこの人生き方自体がもう間違ってるんじゃないかっていう風に思ってるんですよねその役に立つか立たないかって言うといを真顔で取れかけられたら僕は役に立たないってかなりはっきり言っていいと思うんですげんって呼ばれているものっていうのはあってもなくてもいいものであってもなくてもいいっていうことで言うと

00:02:00
なくてもいい戻って夜になると思うんですよね僕は本当にそう思うけれども何かを表現したり役に立つわけでもない物を作ったりするっていうことをするのは人間のひとつのすごく大きな特徴だと思うんですよねでそれは何のためにあるのかとかなんか役に立つのかって言われると嫌だがいいんじゃないかみたいな感じになっちゃうんだけどもうでもあるって言う事はやっぱり何か何だっていう風に考えるとむしろそのことを肯定できるようになると思うんじゃないんだからある意味そのことを頭であったりそのことを知ったり何かが分かったっていうことが自分自身を何かしら豊かにしていて豊かになった事っていうのは何かの拍子で将来まさに役に立つっていうことはありえるんだっていうふうに考えた方がいいと思うんですよ

00:03:00
批評とは批判し評価すると書きます批評対象の良し悪しを評価し厳しく批判する批評家もいますでも佐々木さんにとっての師匠はちょっと違います

00:03:18
例えば芸術家って言われたリクオクリエイターって呼ばれたりアーティストって言われたりするような人達っていうのは何かの証どうやうまく言葉にできないようなあのエネルギーとか思いによって何か表現していることが多いと思うんですねまさにそういう人たちは何かのためにやってるわけじゃないんだと思うわけですけれどもまさと結果として何かが出来上がったという時に僕がやってきた企業の役割というのはその作品なり表現形に触れてそれが一体何をしてるのかっていうことを作者ではない視点から言葉にするっていうことなんですよねだから例えば一時間半の映画あるいは3分のポップソングを体験した時に何かがわかるわからないじゃなくてそれを体験した人の中で何かが起きている時に僕は曲とか映画とかがすぐ体験してる人に対して何かをしてるっていう風に何かを採用して

00:04:18
急に考えるんですねそれは僕自身がそういうふうに思うからですけどその時にじゃあそれはいったいそこで起きている作動してるものと言うかあるいは減少みたいなんか早くの実験みたいに何かと何かを混ぜたらこういうものは変な煙が上がってきましたみたいな時にこの煙って何なんだみたいな考え方っていうのをするんですかそれは何かにインコ遭遇した時の体験みたいなのっていうのをもう1回言葉と思考で再体験するみたいな感覚なんですよねでそれをすることによって単に作品を体験しただけでは分からなかったの作品が持っている秘密みたいなものっていうのが浮かび上がってくることがあるそれはこれがすごくやっぱ僕は自由だと思ってるんですけど時として作った本人も意識してなかった理由わかっていなかったりするものだったりするわけですよ本当に僕才能がある人

00:05:18
自分が作ってる物の多い100%全部わかってないと思うんですよわかってないからすごいものが作れるだけ開いてこないだからまあ作品は作者を超えるっていうまあいい方をよくしますけども何か分からないけどとんでもないものができちゃったよっていう風に作者が思ってる時に我々批評家がやってきてあなたがやったのはこういうことなんじゃないですかっていう風に言うとそうするとそれを持ってその作者はその通りだよく教えてくれましたっていう風にならなくても良くていや全然違うって言うに行ってもいいんだけれどもそういう表現とかの中にある謎みたいなものっていうのを自分なりに解き明かしたいみたいな気持ちでいつも批評っていうの書いているって言うこといつも僕ですけどはい未来授業今週の講師は佐々木敦さん今日のテーマは芸術の役割

00:06:18
評価の仕事でした。佐々木さんの著書批評は工作社から発売中です。未来授業、明日も佐々木淳さんの授業を届けします。
Translate the current page