ANNnewsCH - 河井案里被告裁判 “口裏合わせの電話が”県議証言(2020年9月18日)

去年の参議院選挙を巡る買収事件で起訴された河井案里被告(46)の裁判で、現金を受け取った広島の地元議員が「案里被告から口裏合わせの電話が掛かってきた」と証言しました。  案里被告は、広島の地元議員などに現金を配った選挙違反の罪に問われています。裁判では広島県議会の平本徹議員が出廷し、「去年4月に妻が案里被告から現金30万円が入った封筒を渡された」と述べました。そのうえで、案里被告の選挙運動に関する疑惑が一部で報じられた後の去年12月に案里被告から電話があり、「『平本さん、あれ、なかったことでいいよね』と言われた」「口裏合わせだと感じた」と証言しました。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

  • Play Speed:
Content Keywords: 被告 杏里 現金 平本 参議院選挙 ひろしもの地元議員 杏里被告 口裏合わせ 電話 電話 地元議員 買収事件
Youtube Link
00:00:00
去年の参議院選挙を巡る買収事件で起訴された 可愛い杏里被告の妻がんで 現金を受け取ったひろしもの地元議員が杏里被告から
口裏合わせの電話がかかってきたと証言しました 可愛い杏里被告は広島の地元議員などに現金を配った 選挙違反の罪に問われています
裁判では広島県議会の平本通る議員が知っ停止 去年4月に妻が杏里被告から現金30万円が入った封筒を渡されたと述べました その上で去年12月に杏里被告から電話があり
平本さんあれなかったことでいいよねと言われた 口裏合わせだと感じたと証言しました
Translate the current page