未来授業 - 佐々木敦 第3回 未来授業 Vol.1912

今週の講師は、佐々木敦さんです。 佐々木さんは、音楽から映画、演劇、文芸まで、横断的な批評活動を展開し、これまで数多くの著書を発表してきました。 30年にわたる批評活動の集大成が、著書「批評王」。 批評と思想がジャンルを超えて交差する一冊です。 そんな佐々木さんが、今年SNSで「批評家卒業」を宣言。 文芸や批評の世界をざわつかせています。 未来授業3時間目、 テーマは『批評家から作家へ』 ◆佐々木敦 かつて批評王と名のった男、元批評家。 1964年、愛知県名古屋市生まれ。 ミニシアター勤務を経て、映画・音楽関連媒体への寄稿を開始。 1995年、「HEADZ」を立ち上げ、CDリリース、音楽家招聘、コンサート、イベントなどの企画制作、雑誌刊行を手掛ける一方、映画、音楽、文芸、演劇、アート他、諸ジャンルを貫通する批評活動を行う。 2001年以降、慶應義塾大学、武蔵野美術大学、東京藝術大学などの非常勤講師を務め、早稲田大学文学学術院客員教授やゲンロン「批評再生塾」主任講師などを歴任。 2020年、小説『半睡』を発表。 同年、文学ムック『ことばと』編集長に就任。

  • Play Speed:
Content Keywords: 批評家 佐々木 佐々木敦 仕事 川口技研
00:00:00
未来授業この番組は暮らしをもっと楽しく快適に川口技研がお送りします未来授業今週のコーチは佐々木敦さんです佐々木さんは音楽から映画演劇文藝まで横断的な批評活動を展開しこれまで数多くの著書を発表してきました30年にわたる批評活動の集大成が著書以上以上と思想がジャンルを超えて交差する一冊ですそんな佐々木さんが今年 SNS で批評家卒業を宣言文芸家批評の世界をざわつかせています未来授業3時間目テーマは批評家から雑貨へ

00:00:59
皮膚科卒業宣言をしたんですね Twitter とかで今年の頭に異常が投稿長年乗ってきましたが異常かを卒業しますみたいななんかその本当にもアイドルみたいな数のことを別にそんななんかこれ誰もそんなことを気にしてないのに水が入ったんですよねそれはあるしやっぱ自分のやることとか自分という存在を縛ってきたわけですね俺は費用か何だって言うギフト教師っていうものがやっぱりあってでそれでやっぱり行ってきたのでそっから解放されるっていう批評家と名乗ることを辞めたらありは批評家として仕事をするのを止めたら一体自分は何が出来るだろうっていう風に考えるようになったんですよねでその中でそのまま小説読解てみたりとか今後も全然別のこともやってみたりとかするかもしれないですけどもでもだからといって自分が今まで帰ってきた批評だと思ってた文章って言うの

00:01:59
また書かなくなるって言うつもりもないんですよねつまり評価としてじゃなく批評を書くってことはあるのでこうやってしゃべってる中ちょっとこだましてるような感じになってきちゃうんですけどもでも実際履いてるんですよね師匠はその後も書いてあるので今ゆっくりとフェードアウトっていう形に今仕事もどんどん整理しているところですしそのことの一つとして本が何冊もできるって事があるんですよねこうひょうは今年出た3冊目の本でこの後またに走ることになっているので批評家としての仕事ってのまとめてしまうって予想するとその後新しいことをしないわけにいかなくなるんじゃないのかなって言うといいなって思ってます文芸誌新潮の4月号に掲載されたのが佐々木さんにとって初めての小説版水です

00:02:59
半分の睡眠と書いて半睡眠と時間と愛の物語です。

00:03:09
批評家を名乗ってる間は創作会表現を自分に禁じてたです自分がもし表現とか捜索をするのであれば批評家の看板を下ろさなければいけないっていうこれは本当になんか自分なりのけじめって言っちゃうとちょっとあれですけどでもそれに近い自分なんかで千疋をしていてそれをだから姉に創作表現をするために評価を辞めるって言う事でもやっぱりある楽なので評価卒業宣言をして2ヶ月後にん今初めての小説っていうのを消しの身長というところにも発表したっていうのは自分の中ですべて繋がっている感じなんですねただその一個の理由は年齢です僕は今56歳なんですけどで小説を書いたのは55歳の時だったんですけど30年ぐらいあの物書きをやってきてじゃあそのこれから労基法に向かうていくわけです

00:04:09
猫笑いながら言うことじゃなくて本当にそうなんですねその時には今までやってきた仕事の連なりというか流れでこれから10年いつまでやるかわかんないけどもやって行くのかって考えたときに多くの人がその僕と同じような仕事じゃなくてもその似たような形で例えば長年何かをやってきてでもそれはそれなりにもあの自動によってこのまま行ったら今までやってきたことの延長線上で生きていけるよって思った時に多くの人はこのままこれってやっていけるかな不安だって風に思うと思うんですよ僕はむしろこのままいくとやれちゃうなっていうのがなんか怖くなったんですよねやって行けちゃうからこそむしろ辞めるっていう実験ができるんだのはもう今ぐらいしかた意味がないっていう風に思ったんですよだからこれをやってみたらどうなるだろうっていう風に物事

00:05:09
なんでも考えるタイプなんですよねつまり何か面白そうなこと思いついた時にそれをやってみたら一回その結果はどうなるだろうその結果がわからない方がやってみたくなるでしょうねそれが MARS の何の役に立つか問題とかでも関わってるわけですけどもなのでその費用かかってるのもう一生が止めてみたらどうなるだろうっていうことで小説を書いたのも小説を書いてみたら一体どうなるだろうっていう国最大級の実験が今を続けてるっていう感じだと思います未来授業今週の講師は佐々木敦さん今日のテーマは批評家から作家へでした佐々木さんの著書批評は工作社から発売中また初小説版水は文芸誌新潮4月号に掲載され

00:06:09
アイマス未来授業、厚真、佐々木敦他の事業届します。

00:06:19
川口技研階段での転落大きな怪我につながるので怖いですよね足元の見分けにくい階段でもコントラストでくっきり白い滑らすが登場しました皆様の暮らしをもっと楽しく快適に川口技研のスベラーズです未来授業この番組は暮らしをもっと楽しく快適に川口技研がお送りしました
Translate the current page