ANNnewsCH - 「殺害の承諾」争点に 座間9人殺害で初公判(2020年9月30日)

2017年に神奈川県座間市で男女9人の遺体が見つかり、強盗殺人などの罪で起訴された男の裁判員裁判の初公判が30日午後から開かれます。被害者が承諾していたかが争点です。東京地裁の立川支部から報告です。  (社会部・稲垣耕介記者報告)  今回、一般傍聴席13席に対して625人の希望者が集まったということです。この後、1階にある最も大きい法廷に白石隆浩被告(29)が公の場としては約3年ぶりに姿を見せることになります。白石被告は女子高校生を含む女性8人への強盗・強制性交殺人などの罪と、男性1人への強盗殺人などの罪で起訴されました。白石被告はツイッターで自殺願望の書き込みに接触するなどして被害者を誘い出したとみられています。裁判での主な争点は、こうした被害者たちが殺害されることを承諾していたかどうかとなります。初公判を前に遺族の一人はANNの取材に応じ、「娘が戻る以外に気持ちが晴れることはない」と話しました。  娘(17)を亡くした父親 :「(娘の)存在感はそのままだから、事件当時も今も変わらないでずっと変わらないですね。似たような子を見ると全部自分の娘に見えるしね。時が進んでないから。ただ自

  • Play Speed:
Youtube Link
Translate the current page