未来授業 - コロナ禍で不動産激変 牧野知弘 第4回 未来授業 Vol.1921

今週の講師は、不動産事業プロデューサー牧野知弘さん。 オラガ総研株式会社 代表として不動産などのアドバイザリー、市場調査や講演活動を積極的に展開。さらにこの7月からは「全国渡り鳥生活倶楽部」という月額定額制の多拠点居住サービスをスタート。新たな暮らし方、住まい方を提案しています。 今週は「全国渡り鳥生活倶楽部」、そしてコロナ禍で大きく転換する日本人の住まいについて伺ってきました。働き方が大きく変わったこれからの日本では必ずしも会社のそばに住む必要はなくなり、東京への一極集中から地方への分散へと変化していく。ではその先にはどんな未来があるのでしょうか。 未来授業4時間目。 テーマは「地方創生」 ◆牧野 知弘(まきの・ともひろ) 不動産事業プロデューサー / 経済・社会問題評論家 オラガ総研 代表取締役 第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストン・コンサルティング・グループを経て、1989年に三井不動産入社。 不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。 2009年株式会

  • Play Speed:
Content Keywords: 日本 人 会社 人々 代表 社会
00:00:00
不動産事業プロデューサーでオラガ総研の代表をしております。牧野知弘です。

00:00:07
今週はこの中で働き方住まい方はどう変わっていくのかということについてお話をいたします。

00:00:19
未来授業講習の講師は牧野知弘さんボストンコンサルティンググループ三井不動産を経てオラガ総研株式会社代表として不動産などのアドバイザリー市場調査や講演活動を積極的に展開しさらにこの7月からは全国渡り鳥生活倶楽部という月額定額制の他拠点居住サービスをスタート新たな暮らし方住まい方を提案しています働き方が大きく変わったこれからの日本では必ずしも会社のそばに住む必要は無くなり東京への一極集中から地方への分散へと変化していく

00:01:10
そんなお話でしたがではその先にはどんな未来があるのでしょうか未来授業4時間目テーマは地方創生真野よくあの集中から分散炎とかこういう表現が使われるんですけれどもただ単に目的なく人々が分散していくとはま僕には思えない分散をするということはどういうことかと言うとそれぞれの町やそれぞれの地域で特徴的なものを打ち出していくっていうことがまず大前提だと思ってます従って日本の人口全体はこれから雨現象をあのしていくわけなんですけれどもこの人の偏り例えば東京に1千万以上住んでると日本国中の例えば約1/3の人が首都圏に集まってるって

00:02:10
現状なんですけれどもそうではなく人々が自分のライフスタイルを確立してそろそろの人々の趣味や趣向や考え方に基づいてそういった人々がより集まっててまた新しい文化や新しい産業や新しいビジネスというようなものを想像していくような街というのが東京以外のところでどんどん生まれてくるのでさらにそこをいろんな人たちが出入りをして発展させていくとまこういったような日本になるとですね僕はあのこれこそが国が今そうやっている地方創生そのものだと思ってんです地方創生って例えばふるさと納税というのが行われてお金がいろんな地域に回るようになったという効果はあったんだと思いますけれどもお金だけだとやっぱり地域って発展しない

00:03:10
人が考慮し合う人が出入りすることによっていろんな知恵が出てきたりとかいろんな発想が生まれてくると思いますので金のみならず小西との交流をどんどん促していくために僕たちはこの日本国の中に地域渡り鳥のプラットフォームをたくさん作っていくことでここに人が集まってみんながこう話し合いの事を考えコラボレーションしてそれで生活をしていくまこういったプラットホームがどんどんできてくるとこれこそがあの日本の地方創生になってくるっていう風に思ってます最後に大きな転換期となったコロナ以降の社会で活躍するこれからの若い世代へ向けてメッセージをいただきました

00:04:10
社に就職をするっていう概念もこれから変わってくるのもねなか大学を卒業するとどっかの会社に就職しなければならないということを考えている人たちが大半だと思うんですけどもどうなっちゃうかね会社っていう組織の中に出社をしてそこで1日みんなと一緒に仕事をするということが最も生産性が高いとあるいは20年30年という長い期間住宅ローン組んだですね一つのマンションを買ってせっかくボーナスでともボーナス返済で何十万も払ったですねこれをひたすら払い続けていくために働くそれから会社のブランドをだけを頼りんですねこの会社という村に所属することによって自分の人生を送っていくということがいかに馬鹿馬鹿しい

00:05:10
ああいうことを今回の頃仲をきっかけにですね実は多くの人が気づきだしてるに従ってステレオタイプのよりですねなんか会社に就職しなければいけないところはの社会制度が今そういう風になってしまっていますのでなかなかの例えば若い人から帰るっていうのは難しい側面なったんですけども今回は社会全体がまテレワークという社会実験を行った結果ですねこれまでこう海のように溜まっていたと社会の無駄なものとかねあるいは常識だと思っていた非常識っていうものが全部あぶり出されてきましたのでここはおそらく日本の社会が大きく変わるきっかけになって言ってふのまえますそのようになってくるとこれから日本社会の中で働き自分の能力を発揮していく人たちにとっては

00:06:11
大変明るい魅力のある未来社会なるのかなっていうふうに思っています。

00:06:19
未来授業今週の講師は不動産事業プロデューサーでオラガ総研代表牧野知弘さんでした今回の牧野さんのお話は祥伝社新書不動産激変コロナが買えた日本社会の中でもさらに詳しく語られていますそして来週の未来授業はコンビニアナリスト渡辺広明さんを講師にコンビニの未来をテーマにお届けします
Translate the current page