未来授業 - コンビニアナリスト・渡辺広明 第4回 未来授業 Vol.1925

今週の講師は、コンビニアナリストの渡辺広明(わたなべ・ひろあき)さん。 私たちの生活に欠かせないインフラであると同時に、 いまの社会や経済をリアルに反映する存在でもあるコンビニ。 今週はそんなコンビニで今起きていること、そしてその先の未来について コンビニ専門家でもある渡辺さんに伺っています。 未来授業4時間目は、ここ数年、国内で相次ぐ大きな災害と コンビニの役割について。テーマは「オーナーも“被災者”になる」 ◆コンビニアナリストの渡辺広明 22年にわたり、大手コンビニの店長、バイヤーを経験。 700を超える商品開発にも携わり、現在は「やらまいかマーケティング」の代表として商品コンサルや顧問として活動を続けています。 特にコンビニについては、専門家としてメディアで解説する機会も多く、コンビニのあらゆることに精通する専門家。

  • Play Speed:
Content Keywords: 日本 コンビニ ロボット アルバイト 形 商品コンサル
00:00:00
コンビニアナリスの渡辺広明です今回はコンビニの未来についてお話したいと思います今週の講師はコンビニアナリストの渡辺弘明さん22年に渡り大手コンビニの店長バイヤーを経験700を超える商品開発にも携わり現在はやらまいかマーケティングの代表として商品コンサルや顧問として活動を続けています特にコンビニについては専門家としてメディアで解説する機会も多くコンビニのあらゆることに精通する専門家です私たちの生活に欠かせないインフラであると同時に今の社会や経済をリアルに反映する存在でもあるコンビニ未来授業4時間目最後は

00:01:00
コンビニの未来と日本初の小売業としてのコンビニの可能性について電話は世界最高のリアル小売業これからば経済を回していくためにあの最低賃金とはどうも上がってくんですね国民の高所得を増やしてかなければいけないアルバイトでも有給を取るとか社会保険をきっちりするとかって形で労働者がある程度守られながらって自宅になっていくとですねなかなか今まで通りのアルバイトの運用でお店を回してくってところが出来なくなってくるので人手不足がいてもその事業の構想とか含めてなるべくこのロボット貸してくとかいう形をしてかないとお店の運営が難しくなってくるんじゃないかなっていう側面もあります無人のコンビニの実験も始まっていますので色々なあの IoT とか AI によって新川してくんだと思います私全然一列に文字になるとかでなく何時間だけ文字になるとか

00:02:00
うまくそこ併用しながら使ってくんじゃないから後でまだまだ精度は低いですけどあのバックルームでジュースを品出しするロボットというのも出てきてもそれは遠隔操作で人間がしながら同じ動きをするロボットがいて自宅にて品出しが出るロボットが同じように動くみたいで今のローソンをやってるあの実験なんですけど顔面認証で店舗に入って消去もそのまま入って出て出てくと後でスマホでレシートが送られてくるって形で電子マネーのフィットスキャンすることすらやってないすね顔面を見てそのまま入ってそのままてそのまま出てくるみたいなもう実験も住んでますので全店で展開するかどうかは別として歩いてある実証実験が行われて適切な店に適切な制度はこれから入ってくんじゃないかなって考えられますこれからオーナーとかアルバイトにロボット化してる時に求められるものっていうのはですねやっぱり接客なんですよ郡譲渡の承認だって接客であるの

00:03:00
そこはロボットの家出来づらいのでやっぱこ証人としての接客の心得みたいのがこれからどんな喉も止められていくんじゃないのかなまあ一つですねちょっと離れるんですけども大きな要因になってくるのが今各コンビニエンストアがセルフレジを積極導入してってるんですねセルフレジを使う方が増えてくってことは自ずと自分ですべてをやるって形になってくるのでこれからコンセーレフレンズによってあの全てサービスを自分でやりたい方はセルフレジでの接客をきっちりやっていただきたい方は有人レジへと形を移行してくのでまたその辺りがこれからどうなってるからポイントになるんじゃないかなっていう考えます僕がイメージしてるのはコンビニが世界に出て行って美味しい食べ物だったりとか温かい飲み物だったり冷たい飲み物がある程度24時間であったりとかその場所に限らず食べれたり褒めたりするってことが実現してくんじゃないかなと思います

00:04:00
それは多分今日本でラジオを聴いてる方々は当たり前すぎて何を当たり前のこと言ってるんだって言うんですけどそれは世界的に当たり前じゃなくて今ですね世界には日本の公務員の人がたくさん出て行ってるんですけどもお腹食が充実していたりとかですねいろいろなサービスがたくさん店舗でから上のコンビニストアではいわゆる日本式のコンビニエンストアってのはまだほとんどないです同じ看板であっても全くサービス内容が違いますのでこれからこう世界はですね日本と違ってどんどん人口が伸びていくでなおかつ所得も上がっていくのであらゆるサービスを受けれる拠点としては日本一は世界に浸透して可能性が高いという国見てみますこれからちょっと今はこの中でインバウンドとか海外からのお客様って厳しくなりますけど w杯ラグビーとかたくさんの外国の方がいらしたんですが記者の方が言われていたのがこれで世界的な SNS でも話題になったんですけどワールドカップ優勝チームを予想するより各コンビニエンスのサンドイッチどこが美味しいか予想する方が難しい

00:05:00
これを利用するとですね素晴らしいが伝わっていくので万博含めてですねこれから外国のお客様が来ると日本のコンビニエンスストアがですね世界で自分の国にもあったらいいんじゃないのかなって思ってたのは間違いないんじゃないかなって考えますそして渡辺さんは今の若い世代にこそ日本が生んだコンビニというビジネスの可能性をしっかり見てほしいと考えています世界最高のリアルだと思ってるんですねお客様に対してはもうサービスで足りないものがないじゃないですかってそのね今度はロボットかなどしながら効率化したところで本当接客という部分でも世界最高峰これから目指していくとこの氷が歌世界にもないので今日本が世界に勝負できるものって実はすごく少なくなってるんですねものでもなんでも商品でコンビニエンスストアそこ自信を持ってまだ勝負できるので若者の皆様

00:06:00
ただ買い物するだけじゃなくてどこがすごいのかなってみていただきたいですしまだ学生の形っていうのはまた働いていただきたいですしコンビニエンスのタスクは1200 Plus かありますのでタスク覚えてただやるだけではなくお客様に対してきっちり接客できるって言うことができる人ってのはすごく能力が高い人なんじゃないかなと思いますどこに仕事しても恥ずかしくない人材を育てられるすごく色々なことの気づきがあるんじゃないかなって思った未来授業今週の講師はコンビニアナリストの渡辺弘明さん

00:06:40
今日のテーマは世界最高のリアル小売業でした。来週は医師医学博士で埼玉医科大学総合医療センター客員教授の奥真也さんを講師に迎え頃中の先にある未来の医療をテーマにお送りします。
Translate the current page