NHKラジオニュース - 10月10日 午後1時のNHKニュース

  • Play Speed:
Content Keywords: 伊豆諸島 台風 中心 近畿 暴風
00:00:00
1時の nhkニュースです。

00:00:04
気象庁によりますと台風14号は午後1時には和歌山県潮岬の南150 km の海上を1時間25キロの速さで東北東へ進んでいると見られます台風はこのまま東寄りに進み近畿や東海関東地方に近づき明日の朝にかけて伊豆諸島に接近しその後勢力を弱めながら進路を南よりに変えると予想されています

00:00:33
中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は30 m、 最大瞬間風速は40 M で、中心の汚は130 km 以内と南側75キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

00:00:52
近畿と東日本の太平洋側を中心に雨が降り続いています。伊豆諸島の八丈島では降り始めからの雨量が530ミリに達し、平年の10月1ヶ月文を超えています。

00:01:07
また、正午までの72時間には和歌山県那智勝浦町の色川で516 mm、 三重県尾鷲市で477.5 mg、 伊豆諸島の三宅島で343.5 mm の雨量を観測しました。

00:01:26
紀伊半島と伊豆諸島などでは、土砂災害の危険性が高まっているところがあり、奈良県と伊豆諸島の三宅村御蔵島村では土砂災害警戒情報が発表されています。

00:01:40
今後の見通しです。台風から伸びる前線の活動が活発になり、紀伊半島や伊豆諸島では局地的に雷を伴って1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る恐れがあります。

00:01:55
明日昼までの24時間に降る雨の量は多いところで伊豆諸島で300 mm と予想されています気象庁は土砂災害に厳重に警戒するとともに低い土地の浸水川の増水のほか暴風や高波にも警戒するよう呼びかけています

00:02:14
沖縄基地負担軽減担当大臣を兼務する加藤官房長官は、就任後初めて沖縄県を訪れ、今日午前ヘリコプターで宜野湾市のアメリカ軍、普天間基地や移設先の名護市辺野古などを上空から視察しました。

00:02:34
この後加藤官房長官は記者団に対し普天間飛行場が宜野湾市のまさみ真ん中にあることを実感した市民にとって大変危険な状況であり基地の固定化は避けなければならないと改めて感じたと述べましたその上で政府として1日も早く普天間飛行場の全面返還を実現するという考えには変わりはなくそのためにも辺野古移設に向けた工事を着実に進めていく必要があると述べ普天間基地の危険性を除去するために全面返還を実現させたいとして移設に向けた工事を着実に進めていく考えを示しました

00:03:16
加藤官房長官は、午後からは沖縄県の玉城知事とも会談し、移設計画への理解を求めることにしています。

00:03:27
係争地のナゴルノカラバフ自治州を巡って大規模な戦闘を続けているアゼルバイジャンとアルメニアの外相が現地時間の10日正午、日本時間の今日午後5時から計算することで合意しました。

00:03:43
旧ソビエトのアゼルバイジャンとアルメニアの係争地ナゴルノカラバフをめぐる大規模な戦闘は9日も続き東方の使者は合わせて420人を超えました

00:03:56
国際社会から先頭の即時停止を求める声が強まっていることを受けて、両国の外相がロシアの仲介でモスクワを訪れ9日から10日未明にかけて今後の対応について初めて直接協議しました。

00:04:13
そして10時間以上続いた競技の後ロシアのラブロフ外相が記者団の前に姿を現しアゼルバイジャンとアルメニアは現地時間の10日正午日本時間の今日午後5時から停戦することで合意したと発表しました

00:04:30
ラブロフ外相は、今回の停戦の趣旨について、捕虜の交換や遺体の引き渡しなど人道的な目的だとする一方、具体的な停戦の内容については追加で合意されるだろうとも述べ、今回の合意をきっかけに長期的な停戦に繋がるかが焦点です。

00:04:51
1時のニュースで鈴木孝彦がお伝えしました。1時5分です。
Translate the current page