NHKラジオニュース - 10月11日 午前10時のNHKニュース

  • Play Speed:
Content Keywords: 伊豆諸島 南部 雨 台風 八丈島
00:00:02
10時の nhkニュースです。

00:00:05
台風14号は伊豆諸島の南部から次第に遠ざかり雨も峠を越えましたが、伊豆諸島南部では記録的な大雨の影響で地盤が緩んでいるため、土砂災害への警戒を続けてください。一応庁の観測によりますと、台風14号は今日午前9時には伊豆諸島八丈島の南南東130 km の海上を1時間に20 km の速さで東へ進んでいます。中心の気圧は992ヘクトパスカル、最大風速は23 m、 最大瞬間風速は35メートルで暴風域はありませんが、中心の北東側390 km 以内と南西280 km 以内では風速15 M 以上の強い風が吹いています。台風は伊豆諸島の南部から次第に遠ざかっていて。

00:01:05
この後、南寄りに進路を変え、熱帯低気圧に変わる見込みです。伊豆諸島南部では記録的な大雨となり、今月6日の降り始めから今日午前9時までの雨の量は八丈島で709.5 mm、 三宅島の坪田で599 mm と何も1000年の10月1ヶ月文の雨の量のおよそ1.5倍に達していない。

00:01:35
三宅村都御蔵島村に昨日夕方出された大雨の特別警報は今日未明に警報に切り替えられましたしかし各地で自慢の緩い状態が続き土砂災害警戒情報が八丈町に出されています伊豆諸島の自治体によりますと午前8時の時点で怪我をした人などの情報は入っていないということです一方を土砂崩れが三宅村で3箇所八丈町で5箇所確認されているということです雨の峠は越えましたが昼前にかけて大気の不安定な状態は続く見込みでこの後も崖や斜面には近づかないようにしてください

00:02:22
一方、風が強い状態は続いていて、何も午前7時30分頃ににじま空港で24.7 m、 八丈島空港で25.5メートルの最大瞬間、風速をそれぞれ観測しました。伊豆諸島南部では今日最大風速が23 m、 最大瞬間風速が35メートルと予想され、波の高さも7 M と投資家が続く見込みです。町長は伊豆諸島南部では土砂災害や浸水川の増水に警戒を続けるとともに、暴風や高波にも警戒するよう呼びかけています。

00:03:07
係争地の流れのカラバフ自治を巡って戦闘を続けてきた旧ソビエトのアゼルバイジャンとアルメニアは10日から訂正することで合意したもののてせんの発行後も攻撃があったと互いに主張し合い、今回の合意が確実に履行されるのか、懸念する声が広がっています。

00:03:32
アゼルバイジャンとアルメニアは係争地の流れの体富士急を巡って2週間近く大規模な戦闘を続けた後ロシアの仲介で現地時間の10日正午から訂正することで合意しましたしかし停戦が発行した後アルメニアが南部の都市がミサイル攻撃を受けたと発表したのに続きアゼルバイジャンも実習の周辺に展開する舞台や西部の都市が攻撃されたと公表しました国はそれぞれ攻撃していないと指定する一方互いの訂正印鑑を主張しない非難の応酬となっていますこうしたなかアゼルバイジャンの bailamos 外相は10日アゼルバイジャンを支持するトルコのチャーシューオール外相と電話で会談して線は捕虜の交換など人道的な目的で宣言された一時的なものだと述べ

00:04:32
ということですこれに対し調子オール外相も停戦は重要なステップだが恒久的な解決策ではないと答えたということで今回の停戦合意が確実に履行されるのか懸念する声が広がっています

00:04:52
10時のニュース伊藤健三がお伝えしました。
Translate the current page