未来授業 - 性教育YouTuberシオリーヌ 未来授業 第2回 未来授業 Vol.1931

今週の講師は、助産師で性教育ユーチューバーのシオリーヌさん。 性のはなしを気軽にオープンに、そして正しい知識を楽しく学ぶための動画を配信し、その総視聴回数は、2,300万回を上回っています。 しかし、なぜこんなに反響があるのでしょうか?その理由は日本独特の性教育のあり方にありそうです。 国際的に性教育は「基本的人権」の1つだと認識され、性行為や避妊の方法だけでなく、性暴力や性感染症そしてジェンダー論まで、包括的な性教育を行う国も少なくありません。では、実際の日本の性教育はどうなっているのでしょうか? 未来授業2時間目、テーマは、『性教育の歯止め規定』。学校で教えられている性教育の実態についても伺いました。

  • Play Speed:
Content Keywords: 妊娠 学校 しおり
00:00:00
未来授業未来を担う世代へ向けたラジオの中の公開講義講習の講師は性教育 YouTuber のしおりのです未来授業今週は社会の中で生き抜くための性教育というテーマでお話しします未来授業今週の講師は性教育 YouTuber のしおりの30話を気軽にオープンにそして正しい知識を楽しく学ぶための動画を配信しその総視聴回数は2300万回を上回っていますしかしなぜこんなに反響があるのでしょうかその理由は日本独特の性教育の在り方にありそうです

00:00:50
国際的には性教育は基本的人権の一つだと認識され性行為や避妊の方法だけでなく性暴力や性感染症そしてジェンダー論まで包括的な性教育を行う国も少なくありませんでは実際の日本の性教育はどうなっているのでしょうか未来授業2時間目テーマは性教育の歯止め規定学校の授業っていうのがまず小文部科学省が定めている指導要領っていうものに沿って内容が考えられていくんですねその中学生の学習指導要領の保健体育の内容とかを読んでみると中学生に対してでも受精から妊娠出産という過程を扱うことにはするんだけれどもその妊娠に至る経過は取り扱わないものとするっていう

00:01:50
但し書きが加えられているんですねそれのことをよく歯止め規定何ていう風に呼ぶんですけど松森さんの性行為のことについては中学生に対しては公には教えないことにしておきますって言うの内容が書かれていたりしててた学校の実態に即してもっと発展的な内容教える必要があるなって先生が判断したりした場合にはあのきちんと教えることは全然できるんですけれども実際に使う教科書の中ではという笑いが取り扱われていなかったりするのでさらに発展的なこと教えてあげたいって先生が思ったらまた違う兄弟を先生が一生懸命探してきたりとか外部の先生を呼んだりとかしてどうにか提供しているって言うな幻聴があって学校によって提供されている性格っていうのの密度にかなりバラつきがある状況は今ありますねやっぱり学校とかできちんと聞いたりとかそれこそ私の動画を見るまでの間とかはキスしたらできると思ってる子もいますしドラマとか見ているとその性行為が

00:02:50
なかなか描かれないですよねなのでお布団の中に入ってお互い裸ん坊になってハグしたりとかなんかイチャイチャしているとできるって思ったりしてる子もいたりしますしあとやっぱり親御さんに赤ちゃんってどうやってできたのっていうふうに聞いたりした時にあのお父さんと愛し合ったからできたんだよーとかそういった表現をされた時にお子さんが愛のないセックスだったら子供は出来ないって風に捉えてる方がいたんですね何飲んで予期しないタイミング意図しない妊娠を経験した女性がはいしょうがないから妊娠しないと思ってたっていうようなケースも聞いたことはあったりするのでそれは大人の伝え方すごく気をつけないといけないなと思いましたしたいその実際にどういう条件が揃ったら妊娠するってその科学的な事実はあるのでその事実をきちんと伝えてよその条件を揃ったら妊娠するしもし妊娠を避けたいと思ったらコンドームだったりビールだったり何らかの

00:03:49
東方使ってその条件のどこかをこう整わないようにしていく必要があるんだっていうことをきちんと伝えていかないとならないなーっていうのは日々思ってます中学校で性行為については教えないとするいわゆる歯止め規定がある一方日本の憲法での性交同意年齢は13歳こうした矛盾の他男女別れて受ける学校の性教育の在り方にも疑問があるとしおりんのさんはいますかでは男女一緒に効くという学校もかなり増えてきてはいるんですけどそれでもなお分ける学校もあったりはするので同じ話を同じバレエ聞いていただいていいだろうというふうに思うというのがひとつとあとはそもそもあの学校という場にも様々なセクシュアリティの方がいるので男女というグループに分けられている時点で傷ついてるほうがいないかっていうことも気をつけていただき

00:04:49
ダイナというふうに思うんですね自分の成人人と身体的に判断される生っていうのがちょっとあってないような子にとってはそのグループ分けがすごく辛いことになる場合もあるのでもうそれだったらみんなの事を皆で学べばいいんじゃないかなという風に思ってます今大人の世代の方とお話をしたりすると男性はやっぱり男女分けられて生理の話をどうやら聞いていたらしいということ後になってしたりしてやっぱりそうやって女性の体にどういうことが起きていてそれがこう妊娠の準備としてどういう機能を育てていることになってるのかっていうのを全く知らない状態で大人になっていくとケアの方法も分からないしてもなんかそういった事って男の子はしっちゃダメなことよってずっと言われてきたから聞いたりするのもいけないんじゃないかなって思ったりやっぱりそこでパートナーシップに何が起きたりとかいろんなこう悩みが生じてるなーっていうのは思いますのでまあ今はそのすり合わせをお互いに歩み寄っていこうというタイミングなのかなと思ってます

00:05:49
情報を得られなかったことや、間違った認識は、社会の中やパートナーシップにズレや歪みを生んできました。

00:05:59
実際にやっぱり届く声の中でもあの男性が多い職場だったりすると生理の体調不良で休むというのはなかなか言い出しづらいという風な声も聞きますし中には学生さんで体育の授業を休みたいと思って男性の体育の先生に生理なんで今日は休みたいですって言った時によわざわざ整理とか言わなくていいよって言われたこともあるという話を聞いたりして逆にこうた無事されてしまったりだとかっていう話も聞いたりするのでもやっぱりなんかすごくその整理っていう単語を使うことにすごくた無意識が芽生えてる方ってのはまだ多くいらっしゃるんだなという風に思いますね

00:06:38
税に関する多分式は健康面だけでなく人権暴力ジェンダーなどの問題にまで発展しています未来授業明日は性教育 YouTuber のシオリーヌさんによる性的行為の是非についての授業お届けします
Translate the current page