NHKラジオニュース - 10月24日 夜8時のNHKニュース

  • Play Speed:
Content Keywords: 西村経済再生担当大臣 スピード感 相談 新型コロナウイルス 企業 政府 飲食店 金融機関
00:00:01
8時の nhkニュースです新型コロナウイルスの影響を受けた事業者への支援を巡り西村経済再生担当大臣は政府と地域の金融機関による官民ファンドに全国から300件を超える相談が寄せられているとしてスピード感をもって支援を決定していく考えを示しました政府は新型コロナウイルスの影響で売上が大きく落ち込んでいる中堅の飲食店や旅館などを対象に SS が出資する地域経済活性化支援機構と地域の金融機関が共同で設立している官民ファンドを活用し事業の継続を後押しすることにしていますこれについて西村経済再生担当大臣は三重県鳥羽市で記者団に対し1時は多くの店舗を抱える飲食店で中小企業

00:00:59
支援策だけではカバーしきれないという状況があったが気候によると最近は直ちに資金が必要な企業が少し減ってきたという良いニュースも聞くと食べました一方で聞こうには全国から300件を超える相談が寄せられているとして技術があり良い取り組みをしているにも関わらず事業継続が厳しくなっている企業があり支援は時間との戦いという面もあると述べスピード感をもって支援を決定していく考えを示しました

00:01:36
太平洋戦争末期に激戦地となった硫黄島で、今日、日米両国の戦没者を慰霊する追悼式が行われました。小笠原諸島の硫黄島では、太平洋戦争末期の昭和20年日本軍とアメリカ軍との間で激しい戦闘が行われ、日本側でおよそ21902アメリカ側でおよそ6800人が犠牲になりました。戦没者を慰霊するため、毎年3月に日米合同の追悼式が行われてきましたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一旦開催が見送られ、遺族や政府、関係者などの参列者を例年の1/10ほどの35人に絞って行われました。

00:02:30
日本側の遺族で作る硫黄島協会の寺本哲郎会長は壮烈な戦いの記憶も徐々に風化しつつあり深く憂いているが私たちには戦争が人類の不幸を招くということを後世に語り継ぐ責任と義務があると追悼の言葉を述べましたまた駐日アメリカ大使館の昼首席公使はこの家で戦い負傷し愛する祖国のために命を捧げた両国民を偲ぶ追悼すると出ました

00:03:07
自動式では感染防止対策として参列者の座席が一定の間隔を置いて配置され、参列者は全員で黙祷し、犠牲者に祈りを捧げました。

00:03:21
奈良時代の聖武天皇ゆかりの宝物を集めた正倉院展が今日から奈良市で始まりました正倉院展は奈良市にある正倉院宝物を公開する秋の恒例行事で今年は初出店の4件を含む59件の宝物が出展されていますこの家ゾウの歯の化石腰桐生市は聖武天皇の后光明皇后が東大に収めたもので当時は削って粉にしたものが鎮静作用のある漢方薬として用いられていましたまた羊毛でできた長さが2 M 余りある敷物の河川は東大寺の法要で使用されたとみられ草花の文様が円形にあしらわれています訪れた人たちはひとつひとつの展示をじっくりと鑑賞していました大阪府の60代の女性

00:04:21
フェルトの敷物が当時の綺麗なままの色で残っていて驚きました毎年来ていますが見ていて飽きませんと話していました新型コロナウイルスの感染拡大防止のため今年は当日券の販売はなく日時が指定された前売り券が必要ですがほぼ完売したということです第72回正倉院展は来月9日まで奈良国立博物館で開かれています以上この時間のニュースこの学習でした
Translate the current page