未来授業 - 【驚くべきアリの世界!】 九州大学准教授 村上貴弘 第1回 未来授業 Vol.1938

今週の講師は、九州大学准教授、村上貴弘(むらかみ・たかひろ)さんです。 村上さんの研究テーマは、アリの行動や生態。国内外のアリの生息地を文字通り「這いずり回って」アリを捕捉し、その体や社会のしくみを解き明かしています。最新刊「アリ語で寝言を言いました」も話題です。 今週はそんな「アリ先生」村上さんが語る、驚愕のアリの世界。 未来授業1時間目、テーマは「アリ研究者の日常」 ■村上貴弘 九州大学持続可能な社会のための決断科学センター准教授 1971年、神奈川県生まれ。茨城大学理学部卒、北海道大学大学院地球環境科学研究科博士課程修了。 博士(地球環境科学)。研究テーマは菌食アリの行動生態、社会性生物の社会進化など。NHK Eテレ「又吉直樹のヘウレーカ! 」ほかヒアリの生態についてなどメディア出演も多数。共著に『アリの社会 小さな虫の大きな知恵』(東海大学出版部)など。

  • Play Speed:
Content Keywords: 研究者 九州大学准教授村上貴弘 村上 仕事 アリ 他 先生村上 川口技研 研究
00:00:00
九州大学准教授でありの研究してる村上貴弘です今週は左に60回以上刺された私が驚くべきありの世界にご案内いたします未来授業この番組は暮らしをもっと楽しく快適に川口技研がお送りします

00:00:23
未来授業今週の講師は九州大学准教授村上貴弘さんです村上さんの研究テーマはありの行動や携帯国内外の蟻の生息地を文字通り這いずり回ってありを細くしその体や社会の仕組みを解き明かしています最新刊あり後で寝言を言いましたの話題です今週はそんなあり先生村上さんが語る驚愕のアリの世界未来授業1時間目テーマはあり研究者の日常はそもそも小さい頃から昆虫生き物全般

00:01:23
特にそのカブトムシとクワガタっていうのはワンシーズンで終わっちゃうんですけどありがとう今駆使すると結構長持ちするってそこが僕はあの情報を集めるよりも好きだったらその有野そう言うと持続性というか長く楽しめるっていうところが好きだったねそれで他のファーブルとかシートン動物記とかいろんなそういう生き物系の本でまたさらに魅力が増してきたという感覚的な今日もすごいねお仕事を研究してみたいなっていう風になってきた正式に研究としてはもう28年研究者によって色々得意な場所っていうのがあって5日どちらかの中南米が大好きということでまた生の真似便りの中で何年も通って行くと大体自分のその撮りたいアリの生息場所がわかる

00:02:23
すでに下見てますね真面目這いつくばってるとこの種のアリのマウンド蟻塚っていうか文字使っても縦2センチ2センチの土の盛り上がりとかを見つけてはほっておい出た時の小畑が出てきたらそれを容器に移して受験に持ってって色々実験する人間の祖先が出現したのはおよそ20万年前一方割は5000万年前にはほぼ今の姿形を有していました私たち人間よりずっと長くこの地球を生き抜いているんです

00:03:05
コロニーを形成して役割分担を行い首位を守り続けてきたありその正体に魅せられた村上さんですが研究の過程で噛まれたり刺されたりすることも少なくありません17年に問題なって今もうちょっと定着がニュースでなくてる日ありなんか死ね2008年から研究しておりましてテキサス台湾メキシコ venezuela argentina でこれまで合計すると60から70回くらい刺されててそのうちの2回か3回ぐらいはちょっと軽いアナフィラキシーショックで身の危険を感じたことある

00:03:57
たまに聞かれるんですけど朝行けと言って僕は仕事で研究でやってるってを消してその刺されたくてと言うか今こういう風な話題を提供するために火アリの巣を崩して中から幼虫とかですねサナギを取り出さないといけないでまだ開いてるの熱帯に近いところにいるのでま日中35でも完全防備でこうやるんですけれどもそこで時には10時間ぐらい作業してると手袋とガムテープで巻いてる間の隙間から光が入って刺されてしまうと不可抗力でも怖がりなんであんまり刺されたり噛まれたりとかっていうの好きじゃないただもう2回ともだいたい多分ですけど台湾のヒアリに刺された時に出てるんでもしかすると他台湾のヒアリに対するアレルギー症状が強く出る

00:04:57
他の地域ではおそらく出てないはずだってたんで気をつければ大丈夫かも調査してる以上は全く刺さらないっていうことは禁止区間っていうマーの赤ちゃんの鼻水を吸う機械と一緒でエルトンついてるほうのチューブを口にくわえてでも一方ではありませんが仕込んでありをするという感じでそれをこういう風な容器に移して20ケース持って帰る最初のところも仕事6歳っていうかここは多分どんなに技術革新があってもちょっと無理じゃないからまた面白いんですけど今あのそれこそ行動観察に IR とか自動個体識別システムとか導入しても長時間連続で行動記録の簡単なんですけれども

00:05:57
最初の形をとってくる場面っていうのはもう170年前から変わらない手法でやらざる得ないそこが面白いんですけどね未来授業今週の講師は九州大学准教授村上貴弘さんです今日のテーマはあり研究者の日常村上さんの著書あり語で寝言を言いましたわ扶桑社新書から発売中です未来授業東村上貴弘さんの授業お届けします家階段での大きな怪我につながるので怖いですよね足元の見分けにくい階段でもコントラストてっきり白い滑らすが登場しました皆様の暮らしをもっと楽しく快適に川口技研のすべらずです未来

00:06:57
この番組は暮らしをもっと楽しく快適に川口技研がお送りしました。
Translate the current page