NHKラジオニュース - 07月23日 夜11時のNHKニュース

  • Play Speed:
Content Keywords: 中国 日本 新型コロナウイルス 全国 自粛 外出
00:00:01
11時の nhkニュースです。

00:00:04
新型コロナウイルスの新たな感染者が1000人に近づいています今日はこれまでに全国で981人の発表があり1日の感染者数としてはこれまでで最も多くなりました東京都が366人、大阪府は104人、愛知県は97人でした。

00:00:29
4連休初日の今日の人出は、外出の自粛が呼びかけられた東京都心では、今月19日の日曜日と比べて減少したところがある一方、羽田空港などでは逆に増加しました。

00:00:43
NTT ドコモは携帯電話の基地局の情報をもとにプライバシーを保護した形で全国の人出のデータをまとめていますそれによりますと東京新宿駅周辺の今日午後3時時点の人では去年の同じ時期と比べて51.1%の減少でした今月19日の日曜日と比べると人では3ポイントあまり減りましたまた渋谷センター街周辺でも去年の同じ時期と比べて39.3%の減少で今月19日と比べると3ポイントあまり減りました

00:01:23
天候が雨だった他、新型コロナウイルスの感染拡大で外出の自粛が呼びかけられたことが影響した可能性があります。

00:01:34
一方、羽田空港第一ターミナルでは今月19日と比べて18ポイント余り人出が増えたのか、東京駅でも10ポイント余り増えました北海道の新千歳空港でも6ポイント余りの増加でした政府の観光キャンペーン go to travel が始まり4連休を迎えたことで遠出をする人が増えたことが伺えます日本国内での特許の出願件数の減少が続き、既に新型コロナウイルスの影響から回復傾向にあるアメリカや中国との差が鮮明になっていることがわかりました。特許庁は今年1月から5月までの特許の出願件数について、日本とアメリカ中国の比較を行いました。

00:02:30
それよりますと日本は1月から5月まで去年の同じ月を下回る状況が続き8月は5%のマイナスとなっていますこれに対してアメリカが3月と4月は減少しましたが5月には0.1%の増加となり去年と同じ水準まで回復しているほか中国は2月は落ち込んだものの3月以降はプラスに転じ5月は23.4%の増加と大きく伸びていて幻聴が続く日本と1時の落ち込みから回復した米中との差が鮮明になっております今後の見通しについても特許庁の調査に対して機械や化学などが中心に機械や感想などを中心に減少すると答えた企業が多いということですこれについて日本知的財産協会のくじなおと専務理事はリーマンショックの時に

00:03:30
企業の業績が悪化して研究開発の力が落ちたが、新型コロナウイルスでもおそらく同じ現象が起きてくる各社が技術や知的財産を共有し、全体の競争力を引き上げるよう意識の転換が必要だと指摘しています。

00:03:51
宇宙強国のを目標を掲げる中国が、今日火星の着陸を目指す探査機を搭載したロケットを打ち上げました。

00:04:01
国営の中国中央テレビによりますと、中国が開発した火星探査機天文15を搭載した大型ロケットが日本時間の今日午後1時41分頃、何度かい南東の発車場から打ち上げられました探査機はおよそ36分後に予定の軌道に投入され、打ち上げは成功したということです。

00:04:26
宇宙強国を目指すとしている中国が去年世界で初めて無人の月面探査機を月の裏側に着陸着陸させることに成功させていて中国共産党創立100年となる来年に火星に探査機を着陸させ国威の発揚にもつなげたいものとみられますこの時間やましたまたお会いしました11時5分になります
Translate the current page