NHKラジオニュース - 12月26日 午後4時のNHKニュース

  • Play Speed:
Content Keywords: 政権 アメリカ 米 発足 茂木外務大臣
00:00:00
4時の nhkニュースです東京都が今日午後3時時点の速報値で都内で新たに10歳未満から100歳以上までの男女合わせて949人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました1日の発表人数としてはおとといの888人を上回ってこれまでで最も多くなりましたまた12日連続で曜日ごとの最多を更新しました一方との基準で集計した今日時点の重症の患者は81人でした昨日と同じで今年5月に緊急事態宣言が解除された後では咲いたです茂木外務大臣は NHK の単独インタビューに応じアメリカのバイデン次期政権の発足後1ヶ月か2ヶ月以内を目安に日首脳会談の実現を目指すとした上で首脳会談に先立って

00:01:00
外相会談も調整していきたいという考えを示しましたこの中で茂木外務大臣は来月20日に発足するアメリカのバイデン次期政権についておそらくトランプ政権とは違う意思決定プロセスをとっていくのではないか主要メンバーの役割分担にも注目したいと指摘しましたそして売電次期政権のキーマンの一人としてオバマ政権で国務副長官を務め国務長官に指名されるアントニーブリン剣士を上げ外交経験や見識が非常に豊かでバイデン氏との信頼関係を考えても外交政策の決定に大きな影響を持つしっかりと意思疎通をしていきたいと述べましたそして政権発足後1ヶ月か2ヶ月以内を目安に菅総理大臣と売電次期大統領による日首脳会談の実現を目指しこれに先立ってブリン天使との

00:02:00
階段も調整していきたいという考えを示しました一方を茂木大臣は中国について地域や国際社会の様々な課題に大きな責任を果たす存在になっていると指摘しましたそして先月お伺いしようと3時間にわたって外相会談を行い沖縄県の尖閣諸島周辺の東シナ海の情勢や香港情勢などの問題について日本の立場や懸念を明確に伝えた相当詳細に日本の考え方を伝えたので相手側には明確に伝わっていると思うと述べましたその上で中対立への対応について世界1位と二位の経済大国の対立は国際社会にとって良いことではない

00:02:49
アメリカと強固な信頼関係のもとで様々な協力をし、中国にもしっかりと働きかけを続けていきたいと述べました22万人以上が犠牲となったインド洋大津波から今日で16年最大の被災地インドネシアのアチェ州で行われた追悼式典が新型コロナウイルスの感染対策でインターネットでも中継され犠牲者を悼みました。

00:03:18
2004年12月26日にインドネシアのスマトラ島沖で発生した巨大地震では東南アジアからアフリカ東部の広い範囲に津波が押し寄せ死者と行方不明者は合わせて22万人を超えました16万人以上が犠牲になったインドネシアのアチェ州では地震が起きた時刻とほぼ同じ現地時間の午前8時から追悼式典が行われ犠牲者に祈りや歌が捧げられました式典には毎年遺族や地元政府の関係者など数千人が出席していますが今年は感染対策で出席者はおよそ130人となりインターネットで中継されましたまた東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県からはアチェ州の人たちと交流を続けてきた市民団体が動画でメッセージを寄せ同じ津波の経験者として構成

00:04:18
伝えようと取り組んできましたまた会いましょうと呼びかけましたお手数では復興が進み、大きな被害が出た地域でも住宅や店が建設されていますが、一方で人々の津波への警戒感が薄れつつあるのが課題となっています。

00:04:36
津波で妻と二人の子供を亡くした五十歳の男性は全てを失った気持ちです基本的な防災の訓練を続けるべきだと思いますと話していましたこの時間のリユース白鳥手伝いをしたりしました時刻は4時5分になります
Translate the current page