ANNnewsCH - 敵基地攻撃能力は必要か・・・自民党の提言案めぐり議論(20/07/28)

28日朝、非公開で行われた自民党の会合では、“敵基地攻撃能力”について議論されました。“ 敵基地攻撃能力”とは、相手国が日本への攻撃に着手した場合に、戦闘機やイージス艦からミサイルを発射し、ミサイルの発射拠点など、敵の基地を直接、攻撃する能力のことです。何をもって日本への“攻撃の着手”と判断するのか見極めが難しく、攻撃が着手されていない段階で行えば、国際法に違反する“先制攻撃”にもなりかねません。「専守防衛から逸脱する」との慎重論も根強く、これまで、この役割はアメリカに委ねられてきました。 今回、再び議

  • Play Speed:
Youtube Link
00:00:00
今朝非公開で行われた自民党のかいのう 例外的な 場合にのみあの 敵地等への打撃が許されるという そこをその超えていくということになるとですね
エマージ a 体全体が攻撃型の体型 そう下になっていくと 議論されているのは敵基地攻撃能力についてです
敵基地攻撃能力とは相手国が日本への攻撃に着手した場合に戦闘機やイージス艦から ミサイルを発射しミサイルの発射拠点など敵の基地を直接攻撃する能力のことです
何をもって日本への攻撃の着手と判断するのか見極めが難しく 攻撃が着手されていない段階で行えば国際法に違反する 先制攻撃にもなりかねません
専守防衛から打つ立つするとの慎重論も根強く これまでこの役割はアメリカに委ねられてきました
エマー敵地攻撃について言えばですねまぁこの私の問題意識としてはそれをずっと雨が にタイル続けていいのだろうかといっ
今回再び議論が高まったきっかけは兄実あ所はによるミサイル防衛計画の突然の白紙 撤回です 発表の3日後国会が閉じると 涌井の防衛に 空白を 産むことは
あってはなりません新しい方向性をしっかりと 内田氏 速やかに 実行に 移していきたい 安倍総理は敵基地攻撃能力の固有も視野に安保戦略を見直す考えを示しました
その後の国会閉会中の委員会で日本への攻撃の嫡子をどう判断するのか問われた 河野大臣は
その時点の国際情勢相手が区の明示されたいと攻撃の手段対応などによるものであり 個別具体的な状況に即して判断すべきもの 具体的な判断基準は示しませんでした
一方安倍総理の発言を受けて議論を始めた自民党は早速政府に提言を行う予定です 今日議論された政府への提言案では相手領域内で攻撃を阻止する能力を含め早急に検討
するとして事実上政府に敵基地攻撃能力の保有を求めています 北朝鮮など周辺諸国のミサイル技術が向上していることを指摘しました
政府は新しい安保政策の方向性を9月中にまとめる方針です
Translate the current page