ANNnewsCH - 六ケ所村の再処理工場“合格” 専門家から「異論」(20/07/29)

原子力規制委員会は青森県六ケ所村にある使用済み核燃料の再処理工場が新規制基準に適合しているとして審査書を正式決定しました。  本格稼働に向けた大きな節目となりますが、詳細な工事計画の審査にはさらに1年以上かかるとみられ、完全な合格はまだ先です。国はこの工場で使用済みの燃料からプルトニウムなどを取り出して再利用する計画です。これに対して、核物質の平和利用などを提言する国の原子力委員会の元メンバーからは政策を見直すべきとの声が相次いでいます。  元原子力委員会委員長代理・鈴木達治郎氏:「すでに日本はプルトニ

  • Play Speed:
Content Keywords: 原子力委員会 プルトニウム 原子力規制委員会 核燃料 鈴木 政策 再処理工場 使用済み燃料 六ケ所村 青森県 審査 工事計画 審査書
Youtube Link
00:00:00
原子力規制委員会は青森県六ケ所村にある使用済み核燃料の再処理工場が新規制基準に 適合しているとして審査書を正式決定しました
本格稼働に向けた大きな節目となりますが詳細な工事計画の審査にはさらに1年以上 かかるとみられ完全な合格はまだ先です
国はこの工場で使用済みの燃料からプルトニウムなどを取り出して再利用する計画です 俺に対して核物質の平和利用などを提言する
国の原子力委員会の元メンバーからは政策を見直すべきとの声が相次いでいます で日本はプルトニウム46と思っていますのでまずここから最初に使うべきですね
今再処理をしてしまいますとくる投入剤香料おそらく増えますこれは国際発フェアん です mox の使用済み燃料は毒性が強くてですね
冷却時間がありますのでかえってよくないと思います 鈴木氏のほか同じく原子力委員会で委員長代理を務めた田中俊一氏も政策に批判的な 立場を表明しています
Translate the current page