ANNnewsCH - 三越伊勢丹 305億円の最終赤字 店舗休業の影響大(20/07/29)

三越伊勢丹ホールディングスの今年4月から6月までの決算が、305億円の最終赤字となりました。  新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受けて三越伊勢丹ホールディングスでは、4月から5月末にかけて首都圏にある店舗の全館休業に踏み切りました。この結果、売り上げが去年の同じ時期と比べて半分以下に落ち込み、赤字の要因となりました。また、来年3月期の見通しでは、600億円の最終赤字になると予想しています。百貨店業界では、高島屋が今年3月から5月の最終損益が205億円の赤字となるなど、コロナで厳しい

  • Play Speed:
Content Keywords: 三越伊勢丹 最終赤字 赤字 決算 高島屋 音楽 感染 政府 新型コロナウイルス 見通し 百貨店業界 拡大 緊急事態宣言 首都圏 状況 店舗 全館休業 結果
Youtube Link
00:00:00
三越伊勢丹ホールディングスの今年4月から6月までの決算が305億円の最終赤字と なりました [音楽]
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受けて 三越伊勢丹ホールディングスでは4月から5月末にかけて首都圏にある店舗の全館休業 に踏み切りました
この結果売上が去年の同じ時期と比べて半分以下に落ち込み赤字の要因となりました また来年3月期の見通しでは600億円の最終赤字になると予想しています
百貨店業界では 高島屋が今年3月から5月の最終損益な2005億円の赤字となるなど 頃まで厳しい状況が続いています
Translate the current page