ANNnewsCH - アメリカ南部・西部で重症者増 死者は15万人超える(20/07/30)

新型コロナウイルスの感染者が世界で最も多いアメリカでは南部や西部を中心に重症患者が増えていて、死者が15万人を超えました。  ジョンズ・ホプキンス大学によりますと、アメリカの感染者は440万人余りに増え、死者は15万人を超えました。いずれも世界最多です。感染者は増加のペースが落ちていますが、死者は4月以来のペースで増え続けています。死者が最も多いのはニューヨーク州の約3万2000人ですが、7月だけでみるとテキサス州が約4000人と最も多くなっています。また、フロリダ州やカリフォルニア州で29日、一日あた

  • Play Speed:
Content Keywords: 死者 感染者 世界 アメリカ 大学 ペース 新型コロナウイルス 西部 何部 中心 ジョンズホプキンス
Youtube Link
00:00:00
新型コロナウイルスの感染者が世界で最も多いアメリカでは何部や西部を中心に重症 患者が増えていて 死者が15万人を超えました
ジョンズホプキンス大学によりますとアメリカの感染者は440万人余りに増え 死者は15万人を超えましたいずれも世界最多です 感染者は増加のペースが落ちていますが
死者は4月以来のペースで増え続けています 死者が最も多いのはニューヨーク州のおよそ3万2000人ですが7月だけで見ると
的査収がおよそ4000人と最も多くなっていますまたフロリダ州やカリフォルニア州 で29日 1日あたりの死者が最も多くなりました
ワシントン大学の研究所はアメリカの死者がこの先3カ月で 22万4000人になるという見通しを示しています
Translate the current page