ANNnewsCH - 【ノーカット】愛知、沖縄の感染状況について 西村大臣会見

#西村大臣 #沖縄 #愛知

  • Play Speed:
Content Keywords: 東京 こと ファンド ふう
Youtube Link
00:00:00
いわば今から9分 後編5分 はいどうも立てをしました えっとまず私から冒頭に点申し上げます 一つはのれビッグのファンドの新設についてであります
地域経済活性化支援機構れビッグでありますけれども この進学校なウイルス感染症拡大の影響を受けた地域の事業者に対して
事業再生の支援あるいはファンドを通じた足本性資金の供給などを行うことにしており ます ファンドによる支援につきましては先般6月30日にですね
既存の災害復興支援ファンド これいくつかの地域でもうすでに地銀と一緒に作っているファンドがありましたけれど も この規約を変更し
ファンドがカバーしているエリアの拡充などを行ったところでありますけれども それからまあコロナへの対応にも使えるようにしたところでありますけれども
昨日れビッグは近畿中部地区の事業者等の復興及び事業再生支援とを早期に実現する ために 近畿中部広域復興支援ファンド設立を致しました ここにありますように
この緑の部分が今回 この近畿中部広域復興支援ファンドというものを設立をいたしましてカバーすることが できましたのでこれで日本全国をカバーすることになります
漏れビックについてご存知だと思いますけれども 事業支援事業再生支援ですねこれあの様々な債権者の調整などを行う
こういった案件を84件手を上げてきておりますしファンドを通じて投資実行はこれは 287件の733奥底れから専門家を派遣したりしてきております 昨日時点で
コーナー34月30日10ですね a コーナーの被害の 受けた影響を受けた企業の相談が194件来ております
あの今回コネ中部近畿も新たにファンドを設備したんですけれども すでにい様々相談を受けておりますので 特にあの中堅企業なのでいわゆる中小企業支援だけでは
十分でない 遺族か給付金とか8人支援とかでですね 自分にするだけでカバーしきれない部分についてですね
特に支援を相談があると思いますのでそういった中堅企業の支援など地域を支える受験 中小企業支援を行っていければというふうに考えております
これまでの校舎支援をしてきた経験ノウハウを生かしながら地域の 金融機関とを連携をしてですね 支援を行っていければというふうに考えています それから2点目に
感染状況についてでありますけれども 表が今日470 名前ですね で470名を超えるということで を舐めだけ東京東京舐め470 犬72472名ということであります
高い水準で推移をしております 昨日 分科会 pe おとといか分科会でも議論を 軌道かな昨日年昨日すいませんも曜日の感覚がなくなっていますので 機能ですね
影響は8月1日ですね 議論をいただきまして分析をしていただいてとーございます なんとか減少傾向にできるように
対策を強化をしているところでありますけれども今日はですね 愛知県知事と偽沖縄県知事と意見交換を電話でしました えっとまず愛知の状況ですけれども
今日また発表があると思いますがまぁ180人ぐらいじゃないかということであります もアップしてるかな だと思いますええ
31日が193名ということで非常に高い数字であります 若い人がですねやはり この2週間見ても非常に多くて a 多いときには80%を超えるような
このところもですね60%1週間合計でも61%先週は70%ということで 要は継承無症状の人もかなり多いということであります
病床が心配されるわけですが766に対して愛知県のホームページで1戦156と出て おりまして
一部報道もなされています実際には198ということで今日お電話しましたら 800四ツ角をして200人入賞しているということで
入院されているということでお伺いましたけれども要はこの 基本的にまずあの病院に全部入院してもらってたんですけれどもこれだけ無症状継承の
若い方が増えてくる中でこのホテルを 宿泊料施設を確保しなきゃいけないということであの県の施設63室を今活用してい
ますが順次1300まで増やすということですけれども もうあの発表されていますけれども 805質を確保したと名古屋駅の近くと聞いてますが
8月6日頃からこれを活用するということでこれだけのおかずが増えますので 要はあのホームページを1000を超える人数になっているところはですね
かなりこれで確保できるというふうに言い思います そして合わせて 大阪あるいは東京の えっと歩調を合わせというかそのやはり大都市部でありますので
東京大阪の状況も対応を見ながらということで 栄地区に式地区のですねかなりエリアを限った 大阪のやり方に近いんだと思いますがエリアを限って接待を伴う飲食店と
それから酒類を提供する飲食店から ok ライブハウスなどだと思いますが a 遵守してないところが居づらい守ってないところは95要請
守っているところも営業時間の短縮を要請しそうしたステッカーを張ってきちんと守っ ているお店には協力金を出すと両方向で調整をしたいということで行っておりました
やはり夜の繁華街が多い名古屋の繁華街が特に多いようになりますのでここでの感染体 防止策を強化をするということであります それから沖縄もですね [音楽]
非常に感染者の数は少なかったのですがここにきてへ 44人の49に71人で今日も 50名を超えるんじゃないかということでもう発表があるかもしれませんけれども言っ
ておられました そして 沖縄も若い方が多くですね20代30代が60% 7月の合計ですね この71名でも65%が
10代30代知事の話ですと8割方が40代以下ということでありますので まあ非常に若い方が多い理由 そうした中で病床は 208ショー 書くことですかねです
病床は208省嘉興市 110 今117ぐらいまで来てるんじゃないかと思いますがちょっと入院者の風が増えてい ます 宿泊料本施設の方はですね
60室しか確保されてなかったわけですけれども 流しない200室を確保されたということでえええまあ3月3日頃からですね
ここが100室に増やすことができるんじゃないかと思います で a 国としてですね沖縄には国の施設もありますので えええ
必要があれば君の質も活用するということで知事と話をしました 必要に応じてお願いしたいという事ありますのでへ ぜひ いざとなったら使えるようにですねえ
ここも準備をしていきたい関係省庁と調整をしていきたいというふうに思っております それから 今日ですね
知事も右かれたと言ってましたけれどもあのクルーズ船の生える葉 バースでですねそこで医師会と連携をして pcr 検査を実証を しているということでええ
この松山地区ですね長野松山地区でかなり 感染者が増えていますので そうした方々に呼びかけを歯医者の検査を拡充をしていっております そしてこの松山軸の接待
接触を伴う入校施設ま飲食店などに休業要請をし 飲食店全体で10時までとする協力お題をしているということでありました 沖縄でも
きっ感を強めて体制を強化をして売られます 国としてサポートできることですね応援をしていきたいというふうに考えています 私から以上です 不満が向いてしまいました
ここからお願いいたしますこんなところでございますのでっ なるべく多くの方のご質問者の確保する観点から人様 注文0お願いいたしますそれでは朝日新聞さん
あの感謝くらいと伺いたいの場ですあの挑ん関する考え方なんですけれども あの子にまあ大臣も話変えたようにあの愛知です沖縄ですとかまぁ各地であの東京
入れるところでもですね幹線が非常に増えてきています あの沖縄上そのようちえた病床を超えるだけのですね
関西社員が出ているわけですけれどもあの国としては6月の19日に県をまたぐ医療に ついては原則自由だという話になる
このように地方で感染が広がっている状況を踏まえてですね あの差別の分科会でも嫌い記事の方からはあの
ハウスビレッジはその以上にパッションなんか慎重な見方をされているような発言も あったかと思います
改めて国としてですね足元関西のこれだけ広がっている中で移動について 体調の悪い方は控え
というだけでいいのかさらに踏み込んだ対策室ではないのかそこについてお考えを聞か せていただけないでしょうか ハイあの
昨日はそれぞれ大きな議論には分科会ではならなかったんですけれども 問題提起もなされましたこれからあち月に入ってですね
帰省される方あるいはほ盆の休みを控えておりますので 二回開く分科会においてはですね 当然足元の感染状況を見ながら
そうしたことのご意見をいただくことになるという風に考えています で あの沖縄県他の記事と話した際にはまあ 関心状況について話しましたのでその
異動の話はあの今日はあの電話の中では 知事からなかったんですけれどもたら知事も県外からのところについては慎重に判断し
て頂きますようお願いしますということを言われてますので まあ沖縄に行かれる方はですねこうした沖縄県の
うちの表明も踏まえて判断していただければというふうに考えています いずれにしても足元の感染状況 今日も分析を頂いております まああの この幹線の
あの状況ですね繰り返しありますけれども 報告日の艦船が非常に高いことこれ当然われわれも
ちゃんと見なきゃいけないんですけれどもその発症日がいつなのかということでこの 関西省の今の感染状況
これをしっかり見ていかなきゃいけませんので引き続き東京のみならず 愛知大阪福岡沖縄始めとしてですね
各県の関西状況について分析を引き続き丁寧にやっていただいてその上で専門家のご 意見を伺いたいという風に考えています がにございますでしょうか 急遽自分の
春分の竹内ですですかの大臣作最後に到達やりまして国のサポートということなんです けれども 全国級行政が拡大してですね驚異金を払うお金を広げてみましょう
自己文等ございますけど改めてその国のバックアップについて例えばの予備の活用どう かも含めてですね どう考えに出てる はいえーとそれぞれの件でですね 都道府県でへ
b と対策を出し待っていきたいと はいちょっと見にくいですけどもあの 基本はもうさぁ水の外皮大鯉禁止 これらの移動県をまたぐ移動をもそうでしま普段から
でありますけれども 当然体調の悪い方はもう控える外出に変える当然 県をまたぐ移動を控える それからどんな場面でもですね
旅行するにしても鍵をまたう移動であっても日ごろの活動 食事であってもいろんな場面で3蜜を開始 応用を出さないということがこれも基本ですので
これを徹底していかなきゃいけないけどまず基本です その上でガイドラインの遵守ですねこれがまあ何より大事ですので昨日申し上げたよう
にスポーツジムなどでも3月4月5月は かなり発生しましたクラスターがしかしその後 感染防止策を徹底してもらって 感染者はクラスサーブの形は出ておりません
やはりしっかりと環境を良くして消毒をしてそして距離をとるというのはことをやれば これは徹底できますので感染防止が徹底できますのでこれを要請をしていくと
特に今回バークラブなどの設定アウトな分飲食店とか 酒類を提供する飲食店でクラスターが発生してますので
ここについてライズラインを徹底していくそれから順守していない店 についてはですねそこへの利用を自粛を要請する
つまり1隻かを張ったりしてへへマル適マークのようなものをですねそれでの都道府県 市町村でやってますのでそういったことを活用してそこにはいかない
そしてライドラインを守ってない店の休業要請 こういったことも ああいうわけであります から当然
県知事の判断ですけれども場合によってはこういった以外じゃないを守っている店で あってもですね
営業時間の短縮をお願いすることがあるわけでその場合にしっかり対応しているけれど も 状況から見て時間の短縮をですね お願いしなきゃいけない場合に
協力金などあるいは支援金は名目 名称はともかくですね一定の支援をしていくということはあり得るんだろうと思います このことについてはすでに第1条西第2次補正ですね
超奏星人受講付近で3兆円文を配分を出しております かなりの金額を都道府県支庁さんに配分をしておりますので
県によっては県と市で連携して対応されるところもあるようになりますがまずはこれを 活用していただきたいというふうに考えていますその上で
え今後の感染状況とかですねええ あるいはその対策必要な対策を講じられていく対策 こういったものを見ながらですね国として何が出来るかあるいは何をすべきか これを
しっかりと検討していきたいというふうに考えています 群を このというでございますのでついです裁判さっきがきます泊パターン ファクターの宮島です あの大臣は
感染症対策と経済の両立といいタバサに ございます えっと動きも四つのあのいわゆる団塊が出てすごく頭が整理できたんですが
東京に落とし込んでいますとサンタまぁおそらく3発で 23区はおそらく 前走でしかし新宿や港区はもしかしたらかなり危ないと
しかし経済と両立を図るうえではそのあブライトあるところを限定してあり そこに特別メニューを帳自体が設けてそれに対して国が良いようだしですとか何かそう
いう集中的なことをやりませんと東京がマルヴォ the bright か 県体位とかですとでやはり経済が潰れちゃうと思うんですが
今度の主張を作りでやはりタイム新よくおっしゃってますけどゾーンを指定したりも アップを作ったりしてある風に限定的に国がその支援するようなですね
そういう考えというのは どういうふうにお考えになっているのか えっと今回の 金渋滞宣言を経た後のですね 解除した後のこの感染の拡大はやはり
バークラブなど設定はどう now 飲食店を中心として大きな繁華街 東京では新宿歌舞伎町でありまた 名古屋愛知県では名古屋の錦栄ティエリアであり
大阪で言えば南のエリアであり福岡で言えば 中洲でありですね そこをで感染が広がりそれがええ それそれぞれの都道府県の中でそれ以外の 地域にもいわば歓声が
盗んでいっているそういう状況だと思います ですので今それぞれの都道府県 でですね知事が 沖縄でも松山地区ですね中野 ですので そういったああ
それでも繁華街に対して 焦点を絞ってエリアを絞ってへ かなり [音楽] 限定的な対応で措置を取られて言っています
これはあの専門家のみなさんとこれまで私も議論してきた中で大きな方向性 基本的な方向は影響いうをしていると思います つまり緊急事態宣言のときのように
すべての業種は多くの業種に休業要請し外出自粛をするということではなくですね 今回の発生の この関西の広がりの原因がわかってますのでそこにかなり焦点を絞って
エリア凝集これを絞っての対策をとっていくというのが 今の基本的な方向性だと思っていますメリハリをつけながらそうした凝集 にですねガイドラインの遵守
を徹底をしていくということが基本だと思っています さらにそうしたエリアでそうした業種業態の方々に対して広く pcr 検査をやり ですね
そして要請者を特定をしそこから二次感染3時間制が増えていくというこの基本的な a もう構成をですねそれでは地域で対応してもらうということだと思います
そういう意味であのう 今あの昨日の 段階でも 緊急事態宣言を出すレベルではないいいということを分科会でも
皆さんの理解として漸増してきているこれを急造レベルしちゃいけないということで ありますのでそういった
増やさないだけではなくて逆に減少させるということでそれぞれのエリア 地域でですね対策を強化をしていてもらっていますのでなんとかこれで
限定的にエリアを絞り業態を絞り そこに焦点を絞った対策を強化をすることによってですね そして協力している企業にはそうした支援金なども出すという形でなんとか
減少傾向にできればというふうに考えています これはの 緊急事態宣言は市町村単位系だだしたらいいんじゃないかという議論もありますけれど もあの
知事会の正式の決定ではないようですが一時会長からもそんなお話をいただきましたが 全体をやっぱり見ながらしかし対策は 焦点を絞ってと
東京でも新宿から他の地域にも広がって 部分がありますので 当然まあ住んでいる範囲から言うとな中のだったり2階だったりもそうですし
あるいは当たる足立区でもクラスターが発生していますから そうした意味で全体をそれぞれ知事が見ながらですね 対策は焦点を絞って地区長さん
業態エリアこういったものを絞って対策をやっていくという風だと思います そうしたことについては日々それぞれの知事ともお話をしています
愛知県知事を切ら現実も今日件交換をし同様の考えで焦点を絞った対策でその範囲で できれば封じ込んでいきたいということで対策を取られていますので国としてですね
様々な支援を行っていきたいホテルの加工もそうですし また某服屋検査薬なども必要になってくると思いますので
pcr 検査をどんどんやればですねそういったところを支援も必要になると思います ので関係省庁とも連携してですね それぞれ知事が取り組まれる
対策についてしっかりと連携しながら取り組んでいければというふうに考えています ので会見を終了いたします ピッ
Translate the current page