NHKラジオニュース - 08月06日 夜9時のNHKニュース

  • Play Speed:
Content Keywords: 通信 人工衛星 サイバーセキュリティ 地上
00:00:00
くじの nhkニュースです人工衛星を通じて行われているインターネット通信にセキュリティ上の弱点があり通信の中身が同意する危険性があるほか深刻なサイバー攻撃にも利用される可能性があることがわかりましたサイバーセキュリティの国際会議で実態を報告したイギリスの研究者が対策の必要性を訴えましたこれはオンラインで開かれている世界最大のサイバーセキュリティの国際会議ブラックハットでおくソード大学のジェームズパブ押しが日本時間のきょう報告しましたそれによりますと北米からヨーロッパ中国にかけての地上およそ3万キロの宇宙空間にある包装用の人工衛星18機からの電波を市販のアンテナなどで受信し独自に開発した方法で通信データを分析したところ

00:01:00
18期全てで暗号がかけられずに通信が行われ、機密情報が見られる状態になっていたということです。

00:01:09
人工衛星を介したインターネット通信は主に通信基地がない山間部や会場の船飛行機などからの通信に利用されていますがこのうち選択では入国の際の乗組員と公安当局とのやり取りでパスポートの情報が見られた他航空機では来ないからネットを使って地上と会議をしている内容が分かる状態になっていたということですまたヨーロッパの風力発電システムではシステムを制御するためのログインページの認証情報が見られる状態になっていてシステムの乗っ取りなどのサイバー攻撃のおそれもあることが指摘されましたタブ押しは既に関係する当局や企業に危険性を通知したものの依然として対策が不十分なものが多く残っているとして衛星通信の安全対策が10年ほど前から住んでおらずたい

00:02:09
急ぐ必要があると訴えました。

00:02:15
石油元売り大手の出光興産のことし6月までの3ヶ月間の決算は新型コロナウイルスの感染拡大による原油価格の下落やガソリンなどの販売の落ち込みで最終的な損益が過去最大となる800億円が針の赤字となりました出光興産の今年6月までの3ヶ月間のグループ全体の決算は売上が前の年の同じ時期より33%減って発生98208億円最終的な損益は813万円の赤字となり去年の昭和シェル石油との経営統合前も含めてこの時期としては過去最大の赤字となりましたこれは新型コロナウイルスの感染拡大で原油価格の大幅な下落で備蓄している原因や石油製品の評価額が下がったことやガソリン屋

00:03:15
航空機向けの燃料の販売が落ち込んだためです。

00:03:20
来年3月までの1年間の業績の見通しについたが、最終的な損益を50億円の黒字と見込んでいます出光興産は燃料の需要が6月から7月にかけて少しずつ回復しているが、国内でも新型コロナウイルスの感染者が再び増加に転じ、今後需要がどう回復するか見通すのは難しいとしています。

00:03:50
医療機関に行かずに診察を受けるオンライン診療について、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、初診から認めるとした特例措置が延長されることになりました。

00:04:04
厚生労働省は今日専門家による検討会を開きオンライン診療の特例措置を3か月延長することを決めました厚生労働省によりますと初診からのオンライン診療が今年4月から6月までに全国で2万件があまり行われたということですところが中には条件を満たしていないのに実施されたケースもありこのうち男優や横流しを防ぐため秦オンライン診療では認められていない抗精神薬などが処方されていたケースも88件報告されました今後都道府県を通じて医療機関への指導が行われるということですこの時間のニュース山下信ないしました9時5分になります
Translate the current page