ANNnewsCH - 「核のごみ」最終処分場 北海道寿都町が応募を検討(20/08/13)

北海道の寿都町が原子力発電所から出るいわゆる「核のごみ」の最終処分場の調査に応募を検討していることが分かりました。  寿都町が応募を検討しているのは、原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定の第1段階となる「文献調査」で地質を調べます。地下300メートルより深く放射性廃棄物を貯蔵する最終処分。国の調査では寿都町は適地とされています。  寿都町・片岡春雄町長:「コロナで相当この町も痛めつけられて、来年度以降の財政はどうなっていくのか。(調査の)交付金をうまく活用できればありがたいよねと」  2年間で最大20億円が交付される文献調査への応募検討を明らかにしたのは全国で初めてです。町は今月下旬に町議会議員や地元の団体と意見交換をし、方針を決めるとしています。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

  • Play Speed:
Content Keywords: 最終処分場 調査 文献調査 寿都町 北海道 最終処分 国 原子力発電所 ごみ 核
Youtube Link
00:00:00
北海道寿都町が原子力発電所から出る いわゆる核のごみの最終処分場の調査に大冒険通していることが分かりました
スーツ生姜大冒険通しているのは原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定 の第一段階となる 文献調査で地質を調べます
地下300メートルより深く放射性廃棄物を貯蔵する最終処分 国の調査ではスーツ長は適地とされています
コロナで相当この街も痛めつけられて来年度以降これからの財政でどうなっていくん でしょう この甲府検知ものうまく活用できればありがたいよねと
2年間で最大20億円が交付される文献調査への応募券等を明らかにしたのは全国で 初めてです
町は今月下旬に町議会議員や地元の団体と意見交換をし更新を決めるとしています
Translate the current page