NHKラジオニュース - 07月19日 午後2時のNHKニュース

  • Play Speed:
Content Keywords: 小池 感染者 全国知事会 共有 情報 都 イベント
00:00:00
虹の nhkニュースです東京都の小池知事はテレビ会議で開かれた全国知事会で隣で今日新型コロナウイルスの新たな感染の確認が180人台になる見通しであることを明らかにしました都内で1日に確認される人数が200人を下回るのは4日ぶりになる見通しです海の中で小池知事は都内の感染状況についてこのところ大変高い数字で若者が圧倒的に多いが年代別の広がりが見られること

00:00:37
いわゆる夜の街だけではなく会食や家庭内を通じての観戦というのが最近の傾向だと報告しました来月ついたちに予定されているイベントなどの開催制限の緩和に関連し埼玉県農の知事は全国知事会のテレビ会議で首都圏の現在の感染状況で野球やサッカーのプロスポーツの観客数を引き上げるのはなかなか難しいだろうし愛している最中は良いが入隊場ゲートやトイレそれにグッズの販売所は人数日程の限度が必要だと述べ慎重な姿勢を示しました

00:01:17
また、大野知事は、感染者の細かい情報について、自治体間の共有が全くできていないけん液晶に従えば、感染者の居住地のある都道府県知事に対して国が情報を提供することになっているが、未だに埼玉県は受け取ったことがない法律に書かれていること知ら情報共有されていないので、栗は徹底していくべきだとので、国や自治体の間での情報共有のあり方について女性を求めました。

00:01:51
都道府県をまたぐ移動の自粛が全国で緩和されて1ヶ月経ったことについて東京渋谷で話を聞きました。

00:02:01
千葉県から遊びに来たという女子高校生二人は不安がありますが身の回りに感染者がいないのであまり実感がありません学校も都内で渋谷でしかやっていないイベントもあるのでできる対策をして気をつけた上で今のままがいいと思いますと話していました

00:02:22
神奈川県から仕事で訪れたという20代の男性は感染者が増えて不安がありますが、人が動かないと経済が回らないので気にし過ぎても仕方がないのかなと思います一人一人が意識して対策をするしかないですと話していました。

00:02:41
リプレ保育園に通う息子を連れた東京吉祥寺の30代の男性は一か月前の判断としては正しかったかもしれませんが状況が変わってきているのでまた制限には自粛を設けた方が良いのかなと思いますと話していました世田谷区の80代の女性は移動自粛が亡くなってから皆があちこちに移動するようになって今のような感染者の増加につながっていると思うので怖いですと話していました

00:03:15
記録的な豪雨で大きな被害を受けた熊本県球磨村にコンテナ型の移動式仮設住宅が設置されることになり、保管施設のある茨城県小美玉市からの運搬作業が進められています多くの住宅が被害を受けた熊本県球磨村では、自宅に住めなくなった人の住まいを早く確保しようと、仮設住宅を全国から集めて導入することになりました。

00:03:44
この家木製のコンテナ型の移動式、仮設住宅の保管されている小美玉市の施設からは9世帯文が送られます。

00:03:54
今日は作業員の人たちがドアなどを取り付ける部分にベニヤ板を貼る作業した後クレーン車で大型トレーラーに積み込みました

00:04:05
コンテナ型仮設住宅には台所やトイレ風呂などが備え付けられ一般住宅並みの耐震性や断熱性それに防音性を確保しているということです

00:04:19
いっ世帯に3人暮らしてるよう設定されていて、二つ組み合わせれば7人家族まで入居できるということです。

00:04:28
球磨村では高台の上に設置され、来月中旬から住めるようになる予定だということです移動式仮設住宅を管理する日本ムービングハウス協会の川崎大師様避難所での生活を余儀なくされている被災者に一刻も早く、安全で快適な暮らしを提供したいと話していました以上、梅酢がお伝えしました2時5分になります。
Translate the current page