WIRED JAPAN - VOL.37「BRAVE NEW WORLD」特集 #005

今回は、“ポストコロナ”への視座を求めて7人の賢者に意見を求める最新号の企画にて「都市と住居」をテーマに話を訊いた、モバイルハウス事業「SAMPO」共同創業者の塩浦一彗がゲスト登場!塩浦がパンデミック前まで拠点にしていたロンドンの「コミュニティのための都市づくり」や「緩やかに分散するための住居の在り方」など、誌面に収まりきらなかったお話をたっぷりと語っていただきました。ぜひ本誌154ページを再読の上、お聞きください!

  • Play Speed:
Content Keywords: 話 話
00:00:00
今日は親と編集部の松永です雑誌 vol 37の編集後記 Podcast 離れていきたいと思います今回ゲストにお招きしておりますので歯の痛みページでお話を伺いましたハウス授業を見学する漢方の代表の将来 at 8編集担当の岡田君でございますよろしくお願いしますお願いしますはいしゅら3ワイヤードのあのイベントにも2018年ことないとだめだとかあの方でも取材させていただいたりとかいるんですけれどももしかしたら Podcast でしょう初めましてのあの読者の皆さんもいらっしゃるかもしれないちょっと

00:00:59
お話をお伺いしつつ今回のインタビューでお話を伺った内容についてもちょっと深掘りしていければなと思っておりますのでよろしくお願いしますが石川くんは割と長くか色々ちゅらさんと思う個人的にもお付き合いがもともとあってっていうのが共同代表の村上さんとお会いしたことがあって食べなかったですねあの時会ってくれませんかって感じで声かけさせてもらったんか家のポストが見たいなんでみっくの後の世界に松尾氏とか相撲とか

00:01:59
どうなるんだろうなみたいなことを誰かにお話を伺って時にあのままさきしおりさんがいいんじゃない簡単編集部でお引き受け頂いたという経緯があるんですけどもちょっと言ったほらさんが工事業されて今どんなこと取り組まれてっていうのちょっとお話しいただいてもよろしいでしょうかと散歩に行くという会社も行っておりまして基本的なハウスを中心としたは建築のコレクティブスタートアップですねでモバイルハウスって言ってまぁ簡単に言うとキャンピングカーみたいな軽トラの上に運べる個室を作るので基本的にそれをワークショップであったりとかあの日あの人きっとで送料も販売したりとかっていうことなんですけれども特殊なのがハウスコアという概念がありましてその動かせる個室っていうのはまさに悪魔で個室の部分それはシェアハウスの部屋の部分だけ自分の

00:02:59
残りの部分リビングだとかトイレとかまキッチンとかっていう共有部分っていうのはハウスコアという風にま僕らは概念として呼んでるんですけどあそこにドッキングするという形でまだそのハード的にドッキングする必要もなくてあの三河島にある倉庫のスコアです今隣に駐車場があってそこに電話を持ち寄ってもらってで中のその共有部分っていうのは一緒に使っていくとでもから三軒茶屋とかまだ大学とかシェアハウスマゲンドシェアハウスってあるものだったり負けサンハウスであるものを買うスコアというカマ回収して使うと手間を要するに自分の経典っていうのを待ってるね携帯にちょっと近いっていうか先に機種だけ買っちゃってそのキャリアは docomo とか選べるんだ

00:03:59
土地に固定化された家賃っていうその言い方ではなくて自分の夢マイルームだけ先に買っちゃってとか作ってしまってねあの他の冷やしていい物っていうのも最初にしやしちゃってもそれで自分の家の欲しいってなればまあそれはそれで自分の夢のマイホームを購入して頂ければいいんだ悲しいから始めようよっていう間手軽にそのなんだろうな人々が普通に必要な一色10-10ていうのは軽く塩を見たところからこの事業を始めているといま現場はお前らハウスだけじゃなくてまくる菅野そのままプロデュースだったりとかプロダクトもやってたりちょうど去年の9月ぐらいにシンガポールに支社も作ってそっちでは都市計画の一部を担当させても

00:04:59
お前の鼻だけじゃなくて明日の新しい年の考え方とかっていうのはちょっとあのコンサルみたいな鹿沼デザインコンサルみたいな感じに入ったりもしていると眠く個人で言うとはロンドンに今行っても散歩を広げながらバートレット UCL bartlett って大学の大学院でまだ1年生大学院1年生もやりながらはリモートでプロジェクトを擦ってような感じでやっています今その建築の学部にいるんですけどそのちょうど終わったプロジェクトなんですけどあのテンポラリーのところでちょっと話そうと思ったんですけど実は譲っていう使われてその建物が建つ前のその何ヶ月からは何年とかっていうその開いたと

00:05:59
今待ってるその不動産みたいなものっていうのをその上のハウスとかモバイルのモジュールの建築を使ってその空間を発見してくみたいなうまそうなんだろうなモジュールハウジングキットと雪のコンテナで作ったコンテナをリノベして作ったドッキングできるモバイルコンテナコアっていうのとそれをまたそのパワーにトッピングするパワーモジュールっていうのも一緒に入ったよりちょっと大きめにマンションを建築すると metabolism とか2 G っていう1956年代にあったアーバンプランニングみたいな噛んだからそれに半分近いというかっていうのはオフグリッドで temporary な場所をハックしてくみたいな

00:06:59
口のしくみっていうのは春で設計しながらは考え方としてはそのこれまであったそのカプセルみたいに均一なものじゃなくて自分でいかにセルフビルドした空間と言うか自分の個性みたいなものを欲しさせてくっていうアーキテクチャができないかなみたいなもうそろそろ行ったそうですねやりまくったって言ったうまそう言った言って好きじゃないんですけどその10日ドロー妹が見えなかったら後で写真送りますけど入ったのはロンドンで大学を出てて今日本でも建築事務職を叩かれて散歩もを立ち上げてまたこうロンドンの大学に戻られたような形じゃないですかなと思ったきっかけ

00:07:59
なんかそんなになくてこんなになって言うと本当は去年の去年の9月にシンガポールのプロジェクトを終えてそれが物凄いインパクトで一仕事終えた見た感じでその後直後ぐらいになんかもう散歩も世界死んじゃったしようぜみたいな話になってるけど送信がプレッシャーの話かまちょうど出たけどまだ作ってもないしちょうどその時に僕がある大学に戻るんだったらその三年間はあの家試験とか受けずに入れる入れるんでしょ最悪出たからでもある程度の性格とすねまあその半分半分以上かなその次があると良ければパソ試験と簡潔に LINE ができるってのが体で3年間は保有できるみたいでしょ三年目だったのでその中もロンドン

00:08:59
いけるんちゃうか見たら終わって今ちょうどちょうどそのタイミングだったんですよあの後一週間で決めればいけるみたいなタイムリミットでも決断は実は1時間ぐらいでした何も考えていうかなと思ったけど結構本当に勢いでもうやろういきなり発表していきますみたいないっちゃったみたいな建築建築でスタートアップの社長はもう一人はもう一人の村上として人間がいて他共同創業者ってか一緒に立ち上げたんですけどあげ大将って形じゃないんですけど電話ので今日はその37スタートアップのいいよーとかその子パンダだけじゃなくて僕自身

00:09:59
フレームの中からのその中から以下にそのスタートアップ出来ないリウムっていうかその前色んな機能的な方法論でやってくって言うのだしたかったんで僕のそのなんかベースにあるの建築っての失いたくなかったから丁度去年建築士の資格とかを無理やり勉強したとったんですけど建築を建てるって本当にはあんまり興味ないんですけど行っちゃうぞと言ってあれでしょみたいな建築風でしょみたいな人間でしょって言われるのは確定的に考えてそっちに行ったってから1年ほど向こうで学ばれてこのコロナウイルスをきっかけに今日本に

00:11:00
2ヶ月ぐらい来なかったんで動いたのは4ヶ月ぐらい派遣されてやばいなあと思ったんで予約録画された二日後とかにも全然余裕こいててやイタリア人は歌うの好きだから見て76週間後くらいになってる感じでしたけどねまあまあまあでもみんなそんな感じだね

00:11:59
大丈夫なのねたまたまですからね味は何か大丈夫ですよね可能性もあるよねここまで来るとアジア人は何かこの炊いてあるみたいな気持ちしてますまあの今回その日本にいらっしゃるタイミングでズームであの岡田君と私と二人で行こう主題歌かけていただいたんですけどなんかがしおらさんのお話を伺っても歳とかもが分散化してくんで普通に話があったわけじゃないですか何かそこをなんかそのモバイルハウスだったりとかの子相性がいいのは分かるんですけどなんかそこら辺を行動考えなのかなっていう間だね

00:12:59
ワードは含まれるねその他9点とかてのも当たり前のようにあると思う思うし今グラデーションがあるって言うのもまあ当たり前のようにそうなるのかなと思ってて地方と都市って自分家でもないからその点とか今日っていうよりは半分その取っ手みたいなモビリティと不具合があれば向こう10で行けるわけじゃない助けてくれるのがそれっていうわけではないんですけど明日には何ですけどその考え方としてモバイルハウスとかオフグリッドっていうのもそういう所に行くのかなっていうドラマその年と篠原ドレスよその見える子と何と何か単純に考え方としてそんなんかただ単にそのみつ云々とか年上の予想なんかグローバーグローバリゼーションとかなんか大量商品みたいなところの打撃もあった

00:13:59
今回もみんなの家に行って自分の家の空間作るみたいなプロセスとかその空間だけじゃなくてじゃあキッチンで料理するとかそんなん家族と話すみたいなソフトウェアみたいな体験的にもその前のセットはもうちょっと自分のなんか地に足が着いたみたいな考え方というかその生活のサイクルっていうのにもう1回かずっとそれそうだったんで一緒なんですけど来る前が逆にお菓子かいいよねって言ったかわなんでこれはこれはこれで気づかなかったらとかこれで運感なかったらちょっとやばいんじゃないって言うんじゃかに思うんですけどカタストロフィじゃないですかこれでも影響するんねだから僕らの自分の

00:14:59
家を作るみたいな安いとかその他ツールなんであれですけどそれはなんか大きいグリットのシステムに頼らないみたいな考え方とかっていうのも含めてそう死ね相性がいいとかって言うんじゃないけど一つの選択肢としてみんな何だろうこれまで色物に見えたのがもうちょっと現実にはしてるとも加工モバイルハウスのカットしてこうも語ってますもんねなんか自分の手でこう自分の空間をつくるっていう事が一つであって

00:15:59
まことはお話ししててすごい当たり前だけど張って守ったのがなんか押すところだとか言うけどそのポストこれだって上手で多分23年後のことじゃないですかみたいな話じゃないですか今回健康でもわりと緩やかなみたいなのキーワードだったんですけどなんか割とそういうツムどうしようみたいなみんな俺と考えがちな状況だと思うんですけどてこその視点ていいなって個人的にメモがこっちはいか真水コロナっていう言葉もあるんですけど暑いですね今回みたいなマイルール

00:16:46
色々な誹謗中傷とかは今回もその後決めてもなかなかすごいこうしのは今回のこのカタストロフィみたいな状況に合わせてすごい強い流れみたいな子を洗脳するみたいではあるような気はするんですけどっていうなんか人間の頭の中は別に来たからだとかも変わらないし考え始めるの持論であるべきだと思うんですけどかといってもいきなりなんかなんか急展開するっていうのもあるような気がして結構なんか結構戦闘力が強いからだ僕なんか今回のなんか政府が新しい生活様式っていう言葉とかおすごい嫌いなんですよね

00:17:46
強いし性格も明るくなって思うそれは建築学校行ってきたどうすれば生活様式とシールドの音が全体的にそういう流れがあるんでそれなんかある四角い缶とかも含め今でもそんな結構緩やかにするか考えてるってばそんな客になんかこうさっきの話でもちょっとあったんですけどなんか割とこのパンデミックおきにそのインフラの自立と言う川崎市立みたいなところで話も含めてまたこの事実だったりとかなんかそういうところもまさかになっては来てますよねみたいな話

00:18:46
あったんですけどここら辺で最近印象的だったというかなんかこういうことであるからその結果僕らがね昨日やってるから当たり前っちゃプロジェクトとかも結構近い近いとかそれにかかわる多くてでもウォーターっていうスタートアップとかが入ったを使ってまあそのなんだろスーツケース一個ぐらいの量の水の一か月ぐらい一人シャワー浴びれるぐらい頃かできるものとかお金はアメリカかどうかの人とか出ているティーニって会社があってそれはもうなんか水陸両用のモビリティみたいなやつしてたりとか好みのベースとかそんなんだけど

00:19:46
もう1回その CHP っていう層なんだろうなその燃料を使ってそれを燃やす発電機見たよ本当に入れてそれもだからタップしてみたいな感じのにそのまま海の収集からエネルギー発生させてみたいところがあるとかだから真水電気良いからまあゴミみたいなんでも後はまああの食べ物とかもうママファミリーとかまいろんな考え方ありませんがその辺とかほらなんか全体的に界隈ではよくこの何年間かずっと分散かみたいな話があってからずっとやビルゲイツとかもねやってますけどねそういえばそういうなんか大きい流れ自体もあると思ってもそれがもなんかまた逆にびっくりですみたいな結局なるような気もしちゃってるんだからいかにそれがそうだかいかにそれが僕がなんかそのだから

00:20:46
グッドテクノロジーツールだから別に僕は構わないんですけど結局今それがすごい強くしすぎとかなるんじゃないのそれが結局ユニコーンになっててナルトは見たことないからなんかその中でもそのシェアリングエコノミー岡山デジタルファブリケーションた強いて言えばあの辺はそのシェアみたいなものとかオープンソースみたいなところを中心に考えてるから好きな僕の姉個人の好みを言ってもあれなんですけどからママは両方そういう流れはでも両方来てるなと思いますその後は8以外の話でお願い話したかったのがその後で

00:21:46
ありがとうございますあのシステム的な話もありつつ都市の話も結構色々させて頂いたじゃないですかママパンデミックみたいなことを考えるとしてもいろいろ変わってから聞けないよねとかその後どうなるんで伺った時にそのひとくちに歳いって言ってもお腹もたるんがあったり色々あるわけじゃないですかそこの緩やかな弧グラデーションみたいなのが大事だと思うよ見たい話をしていただいたのがすごく印象的でその心はひとつの出会い話とかだったとしましたが渋谷に行くにはないみたいな

00:22:46
たけしとめちゃくちゃいいのに結局に象徴的にそういったんですけどて逆に僕らが工房を構えている三河島東日暮里って場所とかはすごいいろんなハプニングがちょうどあれもうちょっと緩やかなものかもしれないですけどその隣に住んでいる人達もいきなりコンコンってきてこの植木のこれをちょっとてくれみたいでノコギリで始まりて僕らがなんか戦闘いつも使っているんですけどその前にちょっと壊れてるのがあってそこ待ってるのよね今言ってたんで次の日に直してあげたらここを直してあげる代わりにちょっとここイベントして使っていいみたいなそしたら話でなんかちょっとそこにも半分ない過去

00:23:46
自分の家の界隈が広がりそこからちょっと入り浸るようになったんですけどそん時にその改装したいみたいな話を聞いてでもこれも僕なんですけどなんかそういうしたいみたいな聞いたら勝手にやっちゃうんで勝手に帰ったら回収し初めてで本当に爆速で1日2日ぐらいでもやったんだよね大根がそれを何言わないで帰ってきたらめちゃくちゃすごい

00:24:46
関係性もありますもんね今日は関係もあったからそれはまあ別に自分勝手にやったってより山やりたいって言ったのなんかどうしようみたいだったから行っても半分までもありがた迷惑ではあるというかでも結局そこでなんかそういうバカバカみたいなことも許される世界だそれでこの婆とかもう何か他に鍵とか見つけてくれて昼間そこで僕らを必須として使ったりとかそうで夜たまに僕らが凍ってたのはもう慣れたしてあげたりとかして縦にしたいとか思って作ってましたして結果的に何か他のイベントでも回遊式イベントみたいだねその街を歩きながら見たいなイベントとかよく行ってたんですけどもうちょっと話無くなっちゃったけどまあそういうことが起きるんですよ平気で

00:25:46
こんなもエピソードの中のもうほんともうちょっとぐらいなんか毎日何か面白いことがあるのでまだ完全にでもいるとそのなんかそれをなんかビレッジみたいな考えにすごい近くて外なんか半分品薄の辺りの文脈でも拡張家族とかいう子達とかいたと思うけどが袋半分なくその子達が家になってくるというかその僕ら何回エジルがこの辺で出るよねみたいですけどそれをねハウスジュースの濃度のマッピングとかしたことがあるんですけどそうなんかそれもなかなかグラデーションとかノートみたいな界隈とかいう言い方をするのもそうで多分何が起きるそのままゲートがあって国見たら国境とかじゃなくてなんかも人によってその界隈の濃度が違うんだけど電話もっと信頼できるみたいで

00:26:46
コロナの状況になっても家のなんか家族は大丈夫じゃないですかその家族の延長戦にそんなか親友とか一緒に住んでるシェアハウスのメンバーがいてそのもうちょっと延長に隣に住んでる人とか前にを見るストリートで毎日見る人とかうざいねでも全く新しい人とかが入ってきたりだ友達でもなんかちょっと遠くから来て一週間に1回会うみたいなやつとか一か月見てなかってそれからなんかいきなり入ってきた人のなんかそのなんかこう漢字っていうのは変わってくるから体がなんかそのフィジカルのなんだろな年いって勝手にも効くなんか人と人とかその人間のなんか感覚的なそうなんだよ結構曖昧な感情の中でのコミュニティみたいなものかなっていう風に思ってたけどね東京は今日はそのいわゆる中心が他の国みたいにないじゃないですかと死刑か

00:27:46
されてないし他の国ってなんかパワーがあっても教会があってパブリックスペースの都市計画があってそこが大きいストリートがつないでレジデンス見たいのに比べて日本って結構いい中心って言ったりと中心がないからあの写真とってもスカイツリーから見ても境界がないみたいなんですけどなかなかんぶんじぞみたいなそのいろんなちっちゃい島みたいのが見える鳥みたいな東京からっていう風に思ってたからなんか半分でも東京の中でも中心に見えるよは新宿とか渋谷みたいなところからもうちょっとだから日暮里みたいなとかまあかばねとか頭ではれなきゃならまあその東十条とかま板橋区とかまい場所はちらほらあるんですけどまぁそういうところとかに流れていたいとかそういう空気感っていうのが増えていてほしいなんて入っていくと思うんですけどね葛飾中央

00:28:46
ちょっとずつ流れてみたいなそれならなんか本当だからこそ可能だと思うんですよそれは何か他のニューヨークとかロンドンとかてるりんじゃ不可能なことでもあるから他の店に不可能というかにもよるけどその中心の魅力みたいなしまって結果的に空の境界の全く見えなくなってみたいなのはなんかすごいいやらしい魅力だなみたいな色もそうだとの希望かんとかもうもうあそこも割と高流動的というかそうですね

00:29:46
させてもらったかなって思って敵なしと通じるんですけどまっすぐ100人とかそんぐらいに脂肪肝が

00:29:55
いいんじゃないかなみたいな話とかもそうですねしましたね数字の漢字っていうのが結構適当ではあったんだけどなんかそんなにそんなに人数が合わなくてもなんか人生やっていけるように腕の中の登場人物であのそのなんだろうこの辺は何か半分ちょっと僕もちょっと研究してみたいなとか思ってるんですけどなんかどこまでがなんか自分たちのなんか知ってもなんかすごいかんなあきらの集落とかがあってないのか150人とかがなんか5歳代の女のあそこの中でルールとか受けないで成り立つその数とかって言われてるんですけどでそこからルールができて効率みたいのがあって

00:30:55
ひとつの星のケーキがあの味と汁があるかいた田舎汁とジェルができたらと知ってる人が生きるってなに本では寺子屋とかそんなにしてみるされませんねもう一つ言えるは牢獄ですよね流すそのルール反社会的なひさしを流す場所でこれは結構象徴的でそのルールをはそのような不特定多数であるとコミュニティだからそれが何でようやく集落から集落にはその愛結構曖昧な空気感で成り立ってるからルールとか法律も置けないけど降りてるって言うのに困ってはいけないと同時になんかそれをなんかあのルールを発散する味いるみたいなものが必要っていうのは何

00:31:55
その年のわかりやすい定義みたいなこと言って人がいてこの辺とかも結構興味があるって言うかだから今は日本っていう場所があって日本の国の法律があってたシステムがあってみたいなは結構明確な境界があると思うんですけどなんかこんないい体感的にどの辺までなんか人間をコメントして体感できるのかってブスどっから気持ち悪くなるのかみたいなこれはなんか半分とかネット空間とかでもなんか結構当てはまるような事な気もしてるんですけどねちょっとわかんないですけどそういう感覚的なに言ったからよは数百人とか数十人みたいなコミュニティがまいろいろこうそれを多層的に人々が守ってくれないっていう感覚ってのはそういうとこから来てますねでも結構そのまあそのオンラインの

00:32:55
過去のパンデミックで人とそんなにかからなくなってオンライン上での人と関わり方とかその集まり方みたいな話もやっぱりするはよくするんですけどでもとはいえやっぱり風邪引いた時に私に周りに誰もいないわみたいなお友達も若干遠いし時間も遠いしたいなとかって普通に生死に関わる問題じゃないですか女の人と喋れたとしてもしょうがないとかそういう実際の暮らしの中のそういうコミュニティが築かれるのかみたいなところは興味があるしてかなきゃいけないんだろうなっていう感じがしますよねそうですね極端に考えたくないことあれみたいな単純によくコロナのスキームだとやっぱ絶対オンラインが大好きになっちゃうじゃないですか同人的にそうじゃない

00:33:55
っていうのはなんか人間のソースの体感すよね体からだとか体感でそれをこう反論してくるしかないです。

00:34:07
それがそれもなんか分かりやすくなってなってるような出来事だった気もしますねおん団員のにどこまで続けんのかみたいな出会いたい人達は誰にでも風邪引いた時の話とかも含めてなんかなんか逆にわかりやすくなった価値観っていうのは結構あるかなりあるとオンラインとか頭じゃそのに働き方でも通勤するかどうかとかななんか福永移動みたいな話してもそれはコロナでこのスキームで言えば移動しない方がいいんですけど役的にどこ逆に移動のクリティカリティ上がる移動するんだったら逆に移動にイミ君が欲しくなるみたいな

00:34:54
ねえなんかどうでもいいやない道はしなくなるじゃないですか今から通勤電車に乗りたくない死にたいわ今は満員電車に乗ってると聞いてますけどでもそういうのも気づいた気づきやすくなった出来事なのかな忘れ気味だったんですけどその頃のインタビューなんかであの個人的な創世記みたいなのってそのフィジカルとか涼しく着れるものじゃないじゃないですかんじゃないですかその後郵送個人的に自分がここの場所は安心だと何点だとかっていられる空間持つことっていうところが来ましてはあのそこを着てね多分本当は歳とか町とかっていうのはきっと来られていくべきなんだ

00:35:54
素人的には思うんですけどなんかそこら辺のその都市計画とかあのまちづくりみたいなところはどう思われますかねっていうソースれながら散歩がやってることっていうのはまさにそれというかその子の話した時に確かなんだったらなんか避難民の話とか明日かっていうこととかまだから良子の精子じゃすごい大事でそのロンドンのプロジェクトでもまあこの辺は一緒なのかな考え方はちょっと違うんですけどそのハードウェアについては結構違くてその日はそのフィジカルで空間をかければいいよねってなるとただの隠してるみたいなものとか知りたいみたいなもの

00:36:54
あのなんかこうビニールのイニシャルかなんか買ってみたいものですければいいみたいなことになるんですけどそれ猫は自分の安心感が伴うかっていうともちろんそんな事もなくてそれに極論普通の今のアパートとかなんならじゃあ自分の家を買ったとしても千切れになっても一緒でなんか逆にその大事なのはじゃあその自分の空間を自分の手で個作っていくとかでそれは別にそこも僕は何か物とかにも意味がかなり強くあるなと思ってるんでそこに自分の手で物を加えて行くところ降りてきただけでそれが単におしゃれとかじゃなくて自分の思いでみたいな精神に結構強く関わってるものとか7とか色々こう

00:37:54
走った言葉なのかなっていう風に思っててもちょっと寂しいですけど背景が高そういう意味であえて僕らモバイルモバイルせる位置情報しかないんだけどそのそんな狭い空間でも圧倒的投擲19日も圧倒的も母のおなかの中に入るぐらい安心するみたいな待っていう風に行ったユーザーが本当にいたんですけどそのまま皆でもね確実にも含めて安心した私これで全くお金もかからなければなんのなんの苦労もないなーみたいなのあって

00:38:54
なんかそのまま都市計画とか言うとちょっと偉そうになっちゃうんですけどむしろ価値観みたいなところの方が近いのかなという風に思ってそのまま製作みたいなところで言うと思ったかどんどんの話とかベルリンの話とかにも半分なって行くけどそのロンドンとかだとあのコミュニティ開発ビルドって言うんだろう効率化意味があってそれとかは結構面白くてそれを例えばこの辺に住んでる人50人とか見なくていいよ人とかがここにこういう建物を作りたいみたいなことを自分で決めてると決めてそれを自分でこプロポーザルみたいな書いてなんか半分くらクラウドファンディングたいな感じでそれをこう協議会みたいに流してそれを書く

00:39:54
市民投票も10%以上超えたらてるんですよそれやばくないですかそれは公共の宿みのわ組の中でその市民が自分のアイディアで自分の空間を作れるんですよねそこに自分が好きな路線検索がお札を入れてもいいしそれどころかどんどん57セルフビルドのスキンはセルフビルドプランニングみたいのもあるんですけど今日は自分でそれを建ててもいいんです建築家のアドバイスとかを含めてセルフビルダーズの体育とはまた別のセルニルトン手伝う人達みたいのも入ってそれをその公式の国のロンドンのあのもし庁のホームページからこの人とピンクとか止めて誘えるですよねそのものとして使えるものとして使える

00:40:54
あのコミュニティにその場所の利益が還元されるものじゃなきゃいけないそれすごいことだからなんかすごい商業的なものは逆に作れない山商業でもいいですけど逆にその商業だったらそれをじゃあボランティアに行きますとかそれをまたコンビニでために使うとかあげっこ非営利のことが多いんですけどそれがされるものを作れとそうですそれで建物とかプロジェクトとかめちゃくちゃだってコミュニティセンターでそれの何で普通に考えたら日本だったら公民館みたいの考えたじゃないですかじゃなくてどんどんそこにじゃあグラフィティやりまくりのでそこになんか俺作りまくりのでなんならあのトラック

00:41:54
隣でください全部グラフィティとか全部広報で何ヶ月に3回とか2回とかなんか全員がみんなで集まってやる人があってそれなんか半分観光名所とかで習ってませんちょっとコマーシャルにもなってあるコマーシャルにもなっていくのがロンドンの凄さでもあるんですけど終わってみるとかとちょっとストリートになっていくのが見えるのでも食べマルシェそれをコマーシャルでオシャレになっていくのはロンドンで操作でもあるみたいなんじゃなんか矯正のリテラシーの高さみたいなのは通ってきだしでも彼らは身体的にやっぱり勝手に曲がってますよねもうそのトップも全員分かってるしでもなんだろうな国の南下政策政策ですよなんか法律とか書いてあるその他肉の日 of london 調べるとその L サイズってくるけど何とか

00:42:54
かっこいい子やなんかもそう細かいことですけどそれが行政みたいなそれもなんか全部めちゃくちゃ細かく網羅されてんだけどもうタイポグラフィーとかもかっこいいじゃわかりやすいみたいななんかちょっとちょっとちょっと発生しましたけど自分の手で作るとかゴミみたいな結構それみたいな実は大事で何か言われるその大量生産でも作ればいいよねとかそのいうことでもないっていうかは日本の何か持ち家政策見たよねそれが結果価値観として夢のマイホーム痛いのに落ち着いてそれが地獄のローンに繋がり地獄のロードの仕組みがまずったと思うけど今いまや日本空き家だらけバカなんじゃないけどうまく使っていくってことは全然できる

00:43:54
それは強制の力も加わればより良い子でも多分ほど怒ったりもするんでかといってでも市民の力で何とかするっていうことも可能かなクラウドファンディングとかでもないよ今なんか知らないみたいななんかこまちをシェアするみたいになってたりしますけどそれでも結構待ちましたが多くなるような気はしてません都市都市の中でもこれまでずっと地方創生みたいな文脈が多かったですけどなんか結構それはグラデーションになって今年からしよう全然方みたいなあの30分ですまたちょっと伸びてしまったんですけれどもなんかごめんなさいちょっと面白くて全然食べれなかった

00:44:54
そうですねまあこのパンデミック的な状況がその街の作り方とか作られ方とかま土地の利用され方とかコメントになり方みたいなのか意味で何か変わるということを願っているでしょうね我々もこう良いことを持っていない皆さんにお伝えできるように次回次回の自戒の念を込めてまとめに入る船なんか僕がちょっとだけ気になってた

00:45:54
体操の頃から使った感覚として担保として散歩も中の木のポジションではちょっと負担として散歩地震はネットなんかコモディティのスタートアップに今も今となってあんまり見られないんですけどもそのコミュニティの強さみたいのがもうまじまじとパパに現れてきた時とかと思って

00:46:54
飲酒たのはそこじゃないっていうかそれを叩かれて当たり前にとってですよだから寒くないと言うかその他その他含めてですけども当たり前に来るだろうということに対して箱出前しそうなテックとか知ってるみたいなところじゃない人間の営みみたいな部分を可視化して9月に開花してしまうって言うなら最初から飯能に入って正面正面とか出さないですけどその前に僕らが入ってでその辺は僕の役割なんすよその日はいる建築家かほんとなんかアカデミックみたいなバックグラウンドがあるのは

00:47:54
トロイの木馬みたいな感じで入ってるみたいな本当の方が手間ものづくりと配当所得する力みたいなその辺は彼後で行動力があってでもいいですねシンガポールにいるやつはすごいねアカデミックデザインテック見た中が取れた感じなんですけどどうすんだから僕自身はちょっとちょっとメタマクロで見る頃を考えるアカデミズムアカデミズムでリアリティがちょっと足りてなくてそれ大学院とか

00:48:54
分かんなくて明日面会ただの箱じゃないですか何かでそこにそこに何か一つ思い出のプリクラおすすめに書いたところで何も変わらないわけそれが全てだってこれでも建築とかじゃ言えないしみたいな子だからなんかその両軸なんか来実践とマクロな考え方両方猫の見たいのは結構大事かなそろそろ時間なんですけれどもあのすいませんまたおまとめについて書いとくと別まとめたいわけじゃないんですけど

00:49:53
石川県から東京にもたれるというこれ持ってきたら岡田君と一緒にお茶でも出てくるそうなんですけどあの子この辺りで締めたいと思いますもしおらさん岡田くんありがとうございました

00:00:00
Translate the current page