ANNnewsCH - 「正義のために戦う」ハリス副大統領候補を正式指名(20/08/20)

アメリカ大統領選挙に向けた民主党の党大会が3日目を迎えました。黒人女性として初めて副大統領候補に指名されたカマラ・ハリス上院議員の受諾演説が行われました。 ハリス議員は、インド出身の母親から「パイオニア=先駆者になれ」と育てられてきました。警備上のコードネームを『パイオニア』とするほど、その言葉にはこだわりを持ち、これまでにも実行してきました。例えば、カリフォルニア州の司法長官を女性として務めたのもハリス上院議員が最初です。州の特別捜査官にボディーカメラの着用を初めて義務付けたのもハリス上院議員です。  大学時代の友人のゲイル・ダンリーさん:「カマラは若いころから、自分の力強さを自覚している女性だった。その力強さに加えて、才能があり、恐れを知らない。それがカマラであり、上院議員や司法長官、そして、副大統領に求められる資質を持っている」 ハリス議員の受諾演説は女手一つで自分を育てた母親への言及から始まりました。 ハリス議員:「母からは公職に就くことは崇高な大義であり、正義のために戦うことは、みんなの責務だと教えられた。その言葉を胸に私は弁護士、地方検事、司法長官、上院議員になった。母

  • Play Speed:
Youtube Link
Translate the current page