NHKラジオニュース - 08月21日 午後2時のNHKニュース

  • Play Speed:
Content Keywords: 分科会 気温 範囲 ワクチン 熱中症 暑 警戒 高齢者
00:00:01
2時の nhkニュースです。

00:00:05
今日も東北から九州にかけての広い範囲で晴れて気温が上がり、各地で38°を超え危険な暑さとなっています引き続き熱中症に厳重な警戒が必要です気象庁によりますと今日も東北から沖縄にかけて高気圧に覆われて腫れ気温が上がっています午後1時半までの最高気温は大分県日田市で38.5ど埼玉県鳩山町と大阪府豊中市で38.4ど山口市で38点サンド群馬県桐生市で38と2度と拍手で危険な暑さとなっているほか、東京の都心で35.7°などと広い範囲で猛暑日となっています。

00:00:56
東日本と西日本では今月上旬からおよそ2週間にわたって猛烈な暑さが続き、高齢者を中心に熱中症で亡くなる人が相次いでいますこまめな水分補給や休憩室内での冷房の使用屋外ではできるだけ日差しを避けるなどの対策を取り、熱中症への厳重な警戒を続けてください。特に高齢者は本人が気づかないうちに症状が悪化することがあります冷房や扇風機など屋内での対策がとられているか、周囲の人が声をかけるようにしてください。

00:01:36
一方気温の上昇や湿った空気の影響で近畿や東海など広い範囲で大気の状態が不安定になる見込みです急な激しい雨が落雷それに突風にも注意が必要です

00:01:52
新型コロナウイルス対策を検討する政府の分科会が開かれ西村経済再生担当大臣はワクチンの接種のあり方などについて見解を示すよう専門家に要請しましたワクチンが実用化された場合に医療従事者などを優先的に摂取すると舌を示して意見を聞いたものとみられます新型コロナウイルスのワクチンを巡り政府はアメリカとイギリスの二つの企業と開発に成功した場合に供給を受けることで基本合意したほか国内での開発の支援も進めていて来年前半からの接種開始を目指しています

00:02:40
呉市田中政府が進める新型コロナウイルス対策に専門家が見解を示す政府の分科会が午前10時半から東京千代田区の合同庁舎で開かれ、西村経済再生担当大臣と加藤厚生労働大臣も出席しました冒頭西村大臣はワクチン接種について我が国としても必要なワクチンの確保を進めているが、実用化された時を見据えてワクチンの有効性や安全性確保に向けた取り組み、接種のあり方などについて議論いただきたいと思いましたまた加藤大臣は各メーカーとの協議や国内の生産体制の整備を進め、国民に安全で有効なワクチンを早期に供給できるよう努めていきたいと述べました。会議の内容はまだ明らかになっていませんが。

00:03:38
分科会ではワクチンが実用化された場合に医療従事者が重症化するリスクの高い高齢者などをなどに優先的に摂取するとした案を示して専門家から意見を聞いたものとみられますこの後西村大臣や分科会のお店ゲル会長がそれぞれ記者会見し内容について説明することにしています

00:04:02
為替と株の値動きです今日の東京外国為替市場の円相場は現在ドルに対しては昨日に比べて39円円高ドル安の1ドル105銭63銭から64銭で取引されていますまたユーロに対しては22戦円高ユーロ安の1ユーロ125円44銭から49銭で取引されています東京株式市場の日経平均株価は昨日に比べて88円27銭高い22968円89銭になっていますまた東証株価指数 TOPIX は5.34上がって1604.54になっています。

00:04:50
昼間お伝えしました。時刻は2時5分になります。
Translate the current page